【QYLD】配当利回り12%、毎月配当の超高配当ETFは危険?その仕組みを解説

こんにちは、せーじんです。

今日はNASDAQ100を投資対象とした、配当利回り12%を誇る超高配当ETFを紹介しますよ。

その名も、

グローバルX NASDAQ100・カバード・コール ETF(QYLD)

というETFです。

ナスダック100で高配当?ナスダック100はグロース中心だから配当は低いはずだよね

普通はそうだよね。でも今回紹介するETFは、ちょっと難しいカラクリを使って高配当を実現しているんだよ

QYLDとは
  • 配当利回りは12%
  • 毎月配当
  • ナスダック100指数のコール・オプションを売却し受け取るプレミアムを利益とする
高利回りの毎月配当は嬉しいね

コールオプション?プレミアム??
なんだか眠くなってきたよ

順番に解説していくから、まだ寝ないでよw

難しいこと言ったら、すぐ寝るからね

今回の記事の内容

QYLDは、オプション取引を活用した超高配当ETF

QYLDの仕組みについて、運用会社グローバルXのWebページにはこのように説明があります。

カバード・コールの売りで利益を生み出そうとするもので、ナスダック100指数の株式を購入し、対応する同一指数のコール・オプションを売却します。

出典元:グローバルX Webページ

もう、まぶたが重いんですが

これから説明するから、もうちょい我慢だよ

それぞれの用語は、こんな意味です

カバード・コールとは

原資産(株式など)を保有しつつ、コールオプションを売る戦略です。

一定以上の株価上昇の利益を放棄する代わりに、対価としてオプションプレミアムを受け取ります。

コールオプションとは

  • 株などの資産を、定められた期日に、定められた価格で買う(または売る)権利の取引がオプション取引
  • 買う権利のことを「コールオプション」、売る権利のことを「プットオプション」といいます
  • オプションの買い手は、売り手に対してオプションプレミアムを支払います

QYLDは、コールオプションを売ったお金で儲けるってことね

株価がどう動いてもオプションプレミアムは受け取れるし、現物株を持った上での売りだから、安全性は比較的高いんじゃないかな

安全性が比較的高いと思われるカバードコール戦略ですが、当然デメリットもあります。

整理しましょう。

メリット
デメリット
  • 株価の上下に関わらずプレミアムを受け取れる
  • 一定以上の株価上昇の恩恵は受けられない

そうか。株価上昇の利益を捨てる代わりにプレミアムをもらうんだね

NASDAQ100は史上最強の指数で、株価がよく上昇するよね。でも一定以上の上昇益は捨てることになるんだよ

QYLDの概要

QYLDの概要を確認していきましょう。

ティッカーQYLD
運用会社グローバルX
設定日2013.12.11
総資産37億0767万ドル
分配金12.47%
分配頻度毎月分配
経費率0.60%
出典元:グローバルX Webページ

経費は安くはないが許容範囲、なんといっても高配当が特徴

経費は0.60%か。ちょっと高めだよね

そうだね。ただ、それに見合ったパフォーマンスがあれば全く問題ないと思うよ

それにしても、注目すべきは分配利回りです。

直近12ヶ月間の分配金を現在の株価で割ると、利回りは12.47%!

以前紹介した超高配当のBDC銘柄に引けを取りません。

さらに毎月分配というのは嬉しいですね。

構成銘柄

構成銘柄を確認しましょう。

順位ティッカー銘柄
1AAPLアップル11.484
2MSFTマイクロソフト10.230
3AMZNアマゾン8.672
4FBフェイスブック4.240
5GOOGアルファベット クラスC4.168
6GOOGLアルファベット クラスA3.871
7TSLAテスラ3.656
8NVDAエヌビディア3.502
9PYPLペイパル2.554
10ADBEアドビ2.137
合計54.514
出典元:グローバルX Webページ

これは、NASDAQ100の構成銘柄と同じですね

株価チャートを確認しよう!

では株価の動きを確認しましょう。

どんな値動きをするんだろう。想像できないなあ

わかりやすいように、NASDAQ100のETF(QQQ)と、S&P500のETF(SPY)との比較で見ていこう

この項目で比較するのは、キャピタルゲインのみです。配当は含みません。

2021年初来ではS&P500を下回っています

まずは、2021年初来の株価チャートを確認しましょう

黒:QYLD 青:NASDAQ100(QQQ) 赤:S&P500(SPY)

あれー、QYLDはマイナスリターンかあ

株価上昇の利益は捨てるっていう性格だからね。
ただ、株価が上がらないのは高配当投資にはメリットとも言えるよ

株価が上がらないのがメリット?

株価が上がると買い増ししづらくなるからね

株価が上がる
株価が上がらない
  • 一定の金額で買い増しできる株数が少なくなる
  • 買う株数が少なくなるので、配当額の増加が鈍化する
  • 一定の金額で多くの株を買い増しできる
  • 買う株数が多いので、受け取る配当額が増加していく

2020年初来で見ると、コロナショックでのダメージは大きい

コロナショックを挟んだ、2020年初来の株価チャートを確認しよう!

黒:QYLD 青:NASDAQ100(QQQ) 赤:S&P500(SPY)

2020年初めから見ても、ややマイナスなんだね

そうだね。値上がり益を捨てるというのは、こういうことだね

コロナショックでの下落幅を比較しよう

あれ、コロナショックでの落ち込みは、QYLDが一番小さく見えるね

じゃあ、じっくり比較してみよう!

出典元:etfreplay.com

QYLDは、NASDAQ100やS&P500より下落が小さかったんだね!

株価の上昇力はないけど、下落への防御力はあるみたいだね

設定来(2013年12月)のリターンを確認しよう

QYLDが運用を開始した2013年からのリターンを確認しましょう。

黒:QYLD 青:NASDAQ100(QQQ) 赤:S&P500(SPY)

長期で見てもマイナスリターンなんだね

値上がりには全く期待できないね。でもコロナショック以外は大きな下落もないし、安定感は抜群だね。

QYLDの魅力は配当金だもんね!

QYLDの値動きは
  • 毎年数%程度のマイナスリターン
  • キャピタルゲインには期待できない。配当狙いのETF
  • マイナスリターンは高配当積立投資にはメリット大
  • コロナショックの時の下落率は、NASDAQ100やS&P500よりも小さい
完全に配当目的ですね

分配金は増配傾向。2021年も増配しています

QYLDの設定来分配金の経過を確認しましょう。

2021年は7月30日までのデータです

出典元:グローバルXのデータをもとにせーじん作成

2014から2017はずっと減配してたけど、2018以降は増配が多いね

右肩上がり、とはいかないけどね

配当金の詳しいデータはこちらです

年間分配額増配率
20142.57894
20152.20396-14.5%
20162.04401-7.3%
20171.88535-7.8%
20182.6502640.6%
20192.32270-12.4%
20202.544869.6%
20211.551877.5%
出典元:グローバルX Webページ
  • 2021年は1月から7月までのデータ
  • 2021年の増配率は、2020年1月から7月までとの比較

2021年も増配してるんだね

このままいけば、2021年の配当額は過去最高だった2014年を上回りそうだよ

配当+値上がりのトータルリターンを見てみよう

それでは、配当+値上がりのトータルリターンを確認していきましょう。

2020年初来のトータルリターンは

2020年初来のトータルリターンを比較しましょう。

緑:QYLD 青:NASDAQ100(QQQ) 黄:S&P500(SPY)

緑のQYLDはNASDAQ100やS&P500より、リターンが低いね

そうだね。数値で比較するとこうなるよ

うーん、かなり差があるね

設定来(2013年12月)のトータルリターンは

次に、設定来のトータルリターンを比較しましょう。

緑:QYLD 青:NASDAQ100(QQQ) 黄:S&P500(SPY)

長期間でも、緑のQYLDはNASDAQ100やS&P500に負けてるのかあ

QYLDのリターンの大部分は配当金だから、税金も多くかかるんだよ。だから実際のリターンはこのチャート以上に大きいね

えー、じゃあQYLDのメリットは?

QYLDに投資するメリットとは

トータルリターンではS&P500やNASDAQ100に及ばないQYLD

そんなQYLDは投資する価値がないのでしょうか?

いやいや、そんなことはありませんよ

QYLDのメリットは
  • 保有資産を売却するという心理的負担がない
  • キャッシュフローが改善し、生活が豊かになる
  • 暴落時でも狼狽売りする危険性が小さい
やはり配当金ですね

インデックス投資のデメリット

インデックス投資は資産が増加するのは、確かに早いでしょう。

しかし資産額が増えても、日々の生活にはなんの影響もありません。

インデックス投資は、売却しなければ現金化できませんからね。

そして、インデックスは売り時が難しいんです。

インデックスは売り時が難しい

ある程度資産が育ってくると、売却するのが難しくなります。

持ち続ければさらに増えることが期待できる資産を売るわけですからね。

QYLDのメリット

一方、配当金であれば手元にキャッシュが振り込まれてきます。

保有資産を売る必要はないんです。

しかも、QYLDなら毎月振り込み!

振り込まれたキャッシュを生活に使えば日々の生活が豊かになり、資産が増えていることが実感として味わえます。

もちろん再投資すれば、資産形成の速度があがりますよ

さらに、暴落時でもインデックスほど下落しない上に、高額な配当が振り込まれます。

狼狽売りを防ぐ効果も期待できますね。

トータルのリターンが低くても、投資する価値はあるんだね

まとめ

ということで、今日は毎月分配、利回り12%を誇るETF

「グローバルX NASDAQ100・カバード・コール ETF(QYLD)」

を紹介しました。

QYLDはオプション取引を活用した高配当ETF

このQYLD、カバードコールというすこし複雑な運用をしているETFなんです。

カバードコールとは、NASDAQ100の現物を保有しつつコールオプションの売りで得られるプレミアムを得ることで資産価値を上昇させる戦略です。

QYLDの特徴は

売りで得られるプレミアムは、NASDAQ100が下落しても得ることができる

NASDAQ100が一定以上の株価上昇しても、その恩恵は受けられない

現物株を保有しながら売るため、比較的安全性が高い

などの特徴があります。

リターンは、インデックスには及ばない

QYLDの株価は少しづつ下がっています。

キャピタルゲインを期待して投資するものではありません。

このETFの魅力は、なんといっても高い配当金ですね。

配当込みリターンでもS&P500やNASDAQ100には及びませんが、

2013年12月から7年半で90%上昇しています。

ポートフォリオのトッピングに加えても面白いかも

QYLDは、ポートフォリオの中心ではなく、トッピングとして加えても面白いかもしれませんね。

毎月多くの配当金を受け取れるため、

  • 保有資産を売却するという心理的負担がない
  • キャッシュフローが改善し、生活が豊かになる
  • 暴落時でも狼狽売りする危険性が小さい

と言うメリットがあります。

\ 口座開設無料 /

忙しいサラリーマンが投資をするならCFDも検討したいですね

仕事に、育児に、遊びに忙しいサラリーマンの資産形成には、CFDという選択肢も有力です。

CFDの取引時間はほぼ24時間。

夕食後のゆっくりした時間や通勤の電車の中、祝日でも取引することができます。

またレバレッジをかけた投資をすることもできますから、

少ない資金からから大きな利益を狙うこともできます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

DMMFX

業界最狭水準のスプレッドで取引手数料は0円!

せーじんのポートフォリオ

せーじんの資産状況と取引履歴を、毎月初めに報告しています。

FIRE達成!専業投資家「せーじん」...
投資の報告 | FIRE達成!専業投資家「せーじん」の米国株投資

ETF、レバレッジ投資信託、CFDのリターン比較実験

4月から、S&P500のETF、レバレッジ投資信託、CFDのリターン比較実験をしています。こちらも毎月経過を報告していますので、ぜひご覧ください。

FIRE達成!専業投資家「せーじん」...
実験 | FIRE達成!専業投資家「せーじん」の米国株投資 タグ「実験」の一覧ページです。

以上【QYLD】配当利回り12%、毎月配当の超高配当ETFは危険?その仕組みを解説という話題でした。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

せーじんが使っているブログサービスはこちら

ワードプレステーマ「swell」

簡単、手軽、短時間で記事を執筆できるテーマとして有名なSWELL

装飾やプログラムの勉強時間を大幅に短縮でき、記事を書くことに集中できます。

こんなことができるのは、ワードプレスの新機能ブロックエディターに対応しているから!

レンタルサーバー「conohawing」

早い、安い、優しい

と3拍子揃ったレンタルサーバー。

表示速度の速さはgoogleからの評価対象であり、googleから評価されればアクセス数の上昇が期待できます。

安さも業界トップクラスです。

初心者でも操作しやすい管理画面にも定評があります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
今回の記事の内容
閉じる