【HERO】eスポーツに投資するETFは高い成長で日本銘柄が多め

こんにちは、せーじんです。

eスポーツって知ってる?

え?eスポーツ?

eスポーツっていうのは、コンピューターゲーム(ビデオゲーム)を競技としてとらえたときの言い方なんだよ。
要するに、ゲームをスポーツとして扱うってこと。

ああ、なんかたまにニュースでもやってるよね。最近流行ってるとか。

米国には、このeスポーツ関連銘柄へ投資するETFなんていうのもあるんだよ。

いろいろあるもんだねえ。

成長性もあるし、銘柄構成も面白いから、今日はeスポーツ株ETFを紹介していくね

今回の記事の内容

eスポーツとは

eスポーツっていうのは、コンピューターゲーム(ビデオゲーム)を競技としてとらえたときの言い方です。

eスポーツの歴史は長く、1990年代後半から高額な賞金をかけた世界大会が開かれています。

年収が1億円を超えるプロプレイヤーも、このころからいたようです。

2017年10月には、eスポーツが国際オリンピック委員会 (IOC) が開催したサミットでも取り上げられました

IOCは、eスポーツの人気が高まっていることを認め、「競技性のある『eスポーツ』はスポーツ活動と見なすことができ、関係する選手は伝統的なスポーツ競技の選手と同等のレベルで準備やトレーニングに打ち込んでいる。」としました。

しかし、オリンピックで採用されるには、2つの問題点があるとされました。

1 暴力的なゲームを規制する必要があること

2 eスポーツをさらに細かく調整するための国際的な統括団体が無いこと

eスポーツの世界の競技人口は1億人を超えていると言われ、盛り上がりは年々過熱しています

日本での競技人口は400万人ほどとなっており、eスポーツの業界では遅れた存在ですが、今後の巻き返しを期待しています。

eスポーツに特化したETF、HERO

eスポーツ関連銘柄に投資するETFには、

「グローバルX ヒーローズ(ゲーム&eスポーツ)ETFHERO)」

があります。

他にもあるのですが、楽天証券やSBI証券では投資することができません。

今回は、このHEROについて見ていきましょう。

ティッカー名称資産総額経費分配金設定月
HEROグローバルX ヒーローズ(ゲーム&eスポーツ)ETF6億1393万ドル0.50%1.26%2019.10
出典:グローバルX社ウェブページ

資産総額が6億ドルですから、十分な規模がありますね。

経費率は0.50%と、やや割高ですがそれに見合ったパフォーマンスが出せていればいいと思います。

分配金はおまけ程度に考えましょう。

HEROは設定来(2019年10月)の1年3か月で+111%のリターン

HEROが設定された2019年10月以降のチャートを確認しましょう。

比較のために、S&P500も入れてあります。

緑:HERO 赤:S&P500

うわー、すごい成長だね!

もう、圧倒的だよね。

HEROのリターンは、S&P500を圧倒しています。

1年3か月で株価が2.1倍にまで成長していますから、凄まじい成長です。

コロナショックでの落ち込みは非常に小さいですね。

チャートを見ると、コロナショック時の落ち込みが小さいように見えます。

最大ドローダウンを比較しましょう。

VOO(S&P500)の最大ドローダウンは34%です。

HEROは20%の下落ですから、比較するとかなり小さいことがわかりますね。

コンピューターゲームはオンラインで対戦できるので、コロナ感染症の影響は他の業種と比べると小さいのでしょう。

直近3か月も順調に成長しています

つぎに、直近3か月のチャートを確認しましょう。

緑:HERO 赤:S&P500

HEROは、11月中旬以降は順調に伸びてるね。

ポートフォリオを確認しよう

HEROの構成銘柄を確認していきます。

組み入れ銘柄数は40銘柄ですから少なめですね。

今まで当ブログで紹介したグローバルX社のETFは、少数精鋭の銘柄を保有して高リターンを目指す性格のものが多かったように感じます。

このHEROも、そのようなコンセプトで運営しているのでしょう。

国別の組み入れ比率は、日本が1位!

国別の組み入れ比率を見てみましょう。

出典:ETF.com

お、日本が1位だね!

プレイステーションもスイッチも日本の会社が作ってるもんね。

2位以下は、米国、中国、韓国と続きます。

構成銘柄は40銘柄中10銘柄が日本企業

組入れ比率1位は、中国のビリビリですね。

2位はシンガポールのSea,

3位が任天堂です。

7位にはカプコンも入っています。

トップ10の占める割合は、57.93%ですからやや高めです。

日本の銘柄は、コナミ、ガンホー、DNA、スクエアエニクスなど10銘柄が組入れられています。

まとめ

eスポーツは、世界中で人気が高まっていて、今後も大きな発展を期待できます。

将来はオリンピック競技に採用される可能性もあり、認知度は高まっていくでしょう。

そんなeスポーツの関連銘柄に投資するETFが、HEROです。

HEROは運用開始からまだ1年3か月ほどですが、110%のリターンをあげています。

構成は、国別でみると日本が1位で、2位がアメリカ、3位が中国です。

構成銘柄は40と少なめです。

大きな成長を期待出来て日本の銘柄が多く組み入れられているこのETFは、とても興味深いです。

せーじんは、日本企業を応援する意味でも、ぜひ購入したいと考えています。

以上、【HERO】eスポーツに投資するETFは高い成長で日本銘柄が多めという話題でした。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
今回の記事の内容
閉じる