【9月第3週】9月の下落相場は継続中!中国が急落!米国は復調するのか?

こんにちは、セミリタイヤしたせーじんです。

今週、米国市場では大きめの調整が続いています。

やっぱり9月のアノマリーは強いね

9月のアノマリー?

過去の統計データを見ると、米国市場は9月に下落しやすいことが如実に出ているんです。

先週も紹介しましたが、今週もマネックス証券Webページのデータを一緒に見てみましょう。

出典元:マネックス証券Webページ
「9月の米国株の調整は起きないの...
「9月の米国株の調整は起きないのではないか」という結論 パウエル議長のコメントをきっかけにS&P500とナスダック総合指数は史上最高値更新。歴史的には9月の米国株は弱含む傾向があるが。ゴルディロックス的な環境にある米国株市...

うわ!平均リターンが9月だけすごいマイナス!

このとおり、9月は非常に弱い月なんです。
だから、今損してても退場しちゃダメですよ!

それでは、今週の市場の動きをお届けしていきましょう!

9月第3週の市場の状況まとめ
  • 株価日本と米国小型だけが僅かにプラス。他は全て下落
  • 特に中国の下落が非常に大きい
  • 仮想通貨は、ビットコイン・イーサリアムとも急落から反発
  • 債券は小幅下落
  • 米長期国債利回り、短期国債利回りともに上昇、金利差も上昇
  • コモディティは、天然ガスや原油が大幅上昇するが、貴金属や農作物は下落

せーじんのポートフォリオについてはこちら

今回の記事の内容

今週の株式市場を確認しよう!

中国が急落!

それでは、今週の世界の株式市場の値動きを確認しましょう。

指数週単位月単位年初来1年間
日経平均株価0.3910.5611.1330.56
TOPIX0.419.1616.3727.56
JASDAQ-0.478.008.8915.84
NYダウ-0.07-1.0713.0025.05
S&P500-0.570.7418.0233.55
ナスダック総合-0.473.5716.7339.38
ラッセル20000.293.4813.1245.36
ユーロ・ストックス50-0.95-1.4016.2825.80
上海総合指数-2.413.694.068.26
深セン成分指数-2.79-0.66-0.778.41
香港ハンセン-4.90-3.66-8.481.90
出典元:investing.com
Investing.com 日本
世界の主要株価指数 - Investing.com 日本 世界の主要株価指数のレートをリアルタイムでご覧いただけます。それぞれの指数の現在価格、高値、安値、変動率をご覧いただけます。

日本と米国はあんまり動いてないね。
でも中国が爆下げしてるよ!

日本の急上昇は、今週落ち着いたようだね。
中国は、また下がり始めちゃったのか

では、1%以上の上昇を見せた指数を確認していきましょう。

今週1%以上値上がりした指数
  • なし

先週は日本の3指数、中国の3指数の合計7指数が1%以上プラスだったのですが、

今週は1%以上上昇した指数はありませんでした。

今週は、どの国も伸びなかったんだね

日経平均とTOPIX、ラッセル2000がわずかにプラスなだけで、あとは全てマイナス。今年も9月調整がきてるね〜

今週1%以上値下がりした指数
  • 上海総合
  • 深圳成分
  • 香港ハンセン

先週は、米国の4指数が1%以上のマイナスだったのですが、

今週は、中国の3指数が大幅マイナスでした。

一番大きなマイナスは、香港ハンセンの▲4.90%

先週は急上昇した中国市場が、また大荒れだね。
実は、中国ではまた1つ大きな問題が発生してるんだよ

この事件については、後ほど紹介しましょう。

今週の世界市場の傾向は
  • プラスリターンの指数が3
  • マイナスリターンの指数が8
日本と米国小型以外は全てマイナス

米国市場は、出来高を伴った大幅マイナス

週の中ではどんな動きをしていたのかな?
株価チャートを確認してみよう!

この1週間のS&P500ETF、SPYの株価チャートはこちらです。

青いところが今週の値動きだよね

そうだね。今週はじわじわ下落していて、金曜日に大きく下がったね

今週、注目すべきは出来高ですね。

今週は、先週以前より明らかに出来高が大きくなっています。

そして、金曜日はさらに出来高が一段上がっていますね。

金曜日の出来高に赤いラインを引きました。

すると、過去1年間で見ても数回しかない出来高だったことがわかりますね。

ただ、去年9月はここからさらに下がっています。
セリングクライマックスではない可能性もありますよ

中国の不動産バブル崩壊?

さっき少し話があった中国の事件ってなに?

この記事を見てよ

出典元:yahoo!ニュース

記事後半は省略しています。全文はこちらでご覧ください。

Yahoo!ニュース
中国の不動産バブル崩壊か…業界2位の不動産会社が破産の危機(ハンギョレ新聞) - Yahoo!ニュース  中国で第2位の巨大不動産開発企業が、3000億ドルを超える膨大な負債で破産に追い込まれている中、中国の不動産市場の「バブル崩壊」が始まるのではないかという見方が出...

中国の不動産バブル崩壊?なんだか、やばそうな感じだね

これを受けて、中国恒大集団が上場している香港市場のハンセン指数を見てみましょう

あらー、まっさかさま

青い範囲が今週だよ。回復しかけてたハンセン指数は、この事件を受けて暴落しちゃったね

先週との比較

先週の値動きとの比較をしてみましょう。

指数今週騰落先週騰落
日経平均株価0.394.30-3.91
TOPIX0.413.78-3.37
JASDAQ-0.474.19-4.66
NYダウ-0.07-2.152.08
S&P500-0.57-1.661.09
ナスダック総合-0.47-1.601.13
ラッセル20000.29-2.763.05
ユーロ・ストックス50-0.95-0.75-0.20
上海総合指数-2.413.39-5.80
深セン成分指数-2.794.17-6.96
香港ハンセン-4.901.17-6.07

日本市場は今週も上昇したけど、先週よりは勢いが落ちてるんだね

逆に米国市場は勢いが増したみたいだね

各セクターの状況を確認

ヒートマップを確認しよう

セクターごとの好不調を、ヒートマップで確認しましょう。

ヒートマップは、市場の動きが一眼でわかっちゃうね!

ヒートマップの詳しい説明はこちらの記事をご覧ください

ヒートマップの見方

今週1週間のパフォーマンスはこちら

出典元:finviz.com
あわせて読みたい

今週はかなり暗い感じだね

そうだね。全体が暗いということは、あまり値動きが大きくない週だったということだね

所々に明るい緑と赤があるね

ヒートマップから読み取れる、

プラス幅の大きかったセクターと、マイナス幅の大きかったセクターを見ていきましょう。

大幅に上昇したセクターは、エネルギーなどごく僅か

今週の株式市場を、よくみていきましょう。

インバースやベア型を除けば、ほぼ全てのセクターが暗い色合いになっています。

そんな中、数少ない明るい緑をチェックしていきましょう。

インバースやレバレッジは除いていますよ

プラス幅の大きかったセクター
  • エネルギーセクター
  • クリーンエネルギー
  • 原油、天然ガス

今週大幅プラスのセクターは、これだけ?

大幅プラスどころか、プラスだったのもほぼこれだけだよ

大きなマイナスのセクターは、素材、公益、銀、中国

今週は、多くのセクターがマイナスになりました。

その中でも、割合大きくマイナスとなったセクターを挙げていきましょう。

マイナス幅の大きかったセクター
  • 素材
  • 公益事業
  • 金、銀、パラジウム
  • 中国、ブラジル

大幅下落も少ないね。今週は小さい値動きだったんだね〜

今週の傾向は
  • 日本以外の指数は小幅に下落
  • 株だけでなく、金や国債も下落
  • エネルギー関連は上昇
全体的に小さな値動きでした

先週と比較しよう

先週のヒートマップと比較してみましょう。

これが先週のヒートマップです。

続いて、今週のヒートマップをもう一度見てみましょう。

先週の真っ赤なマップを見ると、今週の方がまだ良かったんだね

でも、中国の反発期待で投資を始めた投資家は、キツイだろうね

米国長期金利と短期金利が上昇し、長短金利差は拡大

米国10年債の金利チャートを見てみましょう。

米10年債の利回りは、水曜日以降急上昇しています。

とはいっても、毎週ある程度の上昇ですから特別なものではないでしょう。

次に米短期金利(2年国債)も確認しましょう。

2年国債も、やや上昇しています。

では、長短金利差はどうでしょう

長短金利差(10年債金利ー2年債金利)のチャートです。

今週は短期金利の動きが小さかったので、長短金利差は長期金利とほぼ同じチャートになっています。

長短金利差はほぼ横ばいですが、徐々に拡大しているようにも見えます。

長短金利差の拡大は、主に金融セクターへプラスの影響を与えます。

これは、銀行をはじめとする金融機関は、長短金利差から収益を上げているからですね

金融機関は、長短金利差から収益をあげる

金融機関は、資金を調達し、その資金を貸し付けて利子を得ることで収益を上げます。

  • 金利の安い短期金利で資金を調達
  • 金利の高い長期金利で貸付
金利の差が小さいと収益をあげにくいんです

そうかあ。でも今週は金融株が下がったね

いつも連動するほど単純じゃないってことよ

先週抵抗線を突破した暗号資産、今週はどうだった?

暗号資産は5月に凄まじい暴落をして、最近すごい伸びてるよね。

ビットコインもイーサリアムも、先週は抵抗線を上にブレイクしたあと急落したよね。早速今週のチャートを確認していこう

ビットコインは下げ止まり、やや反発

先週、ビットコインは5万ドルの壁を突破したあと、暴落とも言えるほどの急落を見せました。

今週のチャートを見るのが怖い・・・

今週の株価チャートはこちら。

ホッ、下げ止まったね

テクニカルで見ると、50日移動平均で反発・上昇したけど、20日移動平均線に当たってやや下落してるね。今後はどうなるかなあ

赤ライン:50日移動平均 青ライン:20日移動平均

イーサリアムも抵抗線を突破後、急落

ビットコインと同様、先週は抵抗線を見事に突破したイーサリアム。

こちらも確認していきましょう。

イーサリアムも戻してきてるね

そうだね。ビットコインと同じように動いてるね。50日移動平均で反発・上昇したけど、20日移動平均線に当たってやや下落してるよ。

赤ライン:50日移動平均 青ライン:20日移動平均

ドル円の為替は落ち着いた動き

ドル円の為替レートも確認していきましょう

今週は、円高に行きかけたけどすぐ戻ったんだね

そうだね。結局1ヶ月くらいはヨコヨコになってるね

ところで、円高とか円安になると、どうなるんだっけ?

円高になると

日本円からドル建て資産への投資はしやすくなりますが、円換算の資産評価額は減少します。

円安になると

円換算資産評価額は増加しますが、円での投資は投資はしにくくなります。

為替と資産の関係については、こちらの記事で解説しました。

楽天証券CFD口座開設

まとめ

ということで、9月第3週の世界の市場の動きを見てきました。

株式市場は

今週の株式市場は、日本と米国小型株のみがわずかにプラス、他は全てマイナスとなりました。

特に中国はすべての指数が大幅下落で、中でも香港ハンセン指数は4%を超える下落です。

この原因は、不動産業界への融資に対する中国政府の規制が強化されたためです。

米国と欧州も多くが下落しましたが、下落幅はさほど大きいものではありません。

9月は下落するというアノマリーが、恐ろしいほどに的中しています

その他の市場は

その他の市場では、エネルギー関連を除きほぼすべてが下落しています。

原油や天然ガスは大幅上昇しています。特に天然ガスは、大幅上昇が長期間続いています。

農業商品は、とうもろこしや穀物、コーヒーが下落しています。

貴金属は、金鉱、銀、パラジウムを中心に下落しています。

債券も、小幅に下落しています。

仮想通貨市場は、ビットコイン、イーサリアムともに先週の急落から反発。

為替は、横ばいが続いています。

9月下落のアノマリーは、2021年も的中!

今週、日本とごく一部の市場を除き、あらゆる資産価値が下落しました。

サマーバカンス明けの機関投資家が売りから入ったことが要因でしょう。

その証拠に、期間投資家がよく活用するETF「SPY」の出来高が跳ね上がっています。

また、落ち着いたはずの早期のテーパリング実施の懸念が、再燃していることも見逃せません。

例年の動きを見ると、9月〜10月は停滞しやすい時期にあります。

今後市場がどのように動くか、未来のことは誰にもわかりません。

暴落しても慌てず、暴騰しても落ち着いていられるようなポートフォリオを組み、

日々の生活を相場に振り回されないようにしましょう。

長期インデックス投資では、日々の株価の上下は無視しよう

長期的に資産形成をするには、信頼できる投資先にしっかりと分散投資して、あとはゆっくりとすること

長期で見れば、自然に資産は増えていきますよ。

安眠できる長期投資のコツとは
  1. 信頼できる銘柄(指数)への投資であること
  2. 適度な分散
  3. 余力(現金)を残しておく

短期的な上げ下げはありますが、今回紹介している指数は世界の中心的な株式指数です。

こういった指数へ長期で投資するときは、日々の株価は無視しましょう!

目先の上下に惑わされず、しっかりホールドしながら安眠できる、そんな投資を目指したいですね

忙しいサラリーマンが投資をするならCFDも検討したいですね

仕事に、育児に、遊びに忙しいサラリーマンの資産形成には、CFDという選択肢も有力です。

CFDの取引時間はほぼ24時間。

夕食後のゆっくりした時間や通勤の電車の中、祝日でも取引することができます。

またレバレッジをかけた投資をすることもできますから、

少ない資金からから大きな利益を狙うこともできます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

\ 口座開設無料 /

せーじんのポートフォリオ

せーじんの資産状況と取引履歴は、毎月紹介しています。

ETF、レバレッジ投資信託、CFDのリターン比較実験

4月から、ETF・レバレッジ投資信託・CFDのリターン比較実験をしています。

毎月経過を報告していますので、ぜひご覧ください。

どれが一番儲かるのかな〜?

FIRE達成!専業投資家「せーじん」...

【9月第3週】9月の下落相場は継続中!中国が急落!米国は復調するのかという話題でした。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

せーじんが使っているブログサービスはこちら

ワードプレステーマ「swell」

簡単、手軽、短時間で記事を執筆できるテーマとして有名なSWELL

装飾やプログラムの勉強時間を大幅に短縮でき、記事を書くことに集中できます。

こんなことができるのは、ワードプレスの新機能ブロックエディターに対応しているから!

レンタルサーバー「conohawing」

早い、安い、優しい

と3拍子揃ったレンタルサーバー。

表示速度の速さはgoogleからの評価対象であり、googleから評価されればアクセス数の上昇が期待できます。

安さも業界トップクラスです。

初心者でも操作しやすい管理画面にも定評があります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
今回の記事の内容
閉じる