2021のポートフォリオは安全性高め、資産を増やす欲張りスタイル

こんにちは、せーじんです。

今日は、2021年の相場を戦う、せーじんのポートフォリオを紹介します。

あなたのポートフォリオ作りの参考になれば幸いです。

今回の記事の内容

ポートフォリオのコンセプト

ポートフォリオを作るときは、まずコンセプトを考えましょう。

資産を増やすことがコンセプトなのに

⇒投資手法が高配当株投資では資産増加を最大化できません。

資産の保全がコンセプトなのに

⇒保有しているのが小型株やレバレッジETFばかりでは、いつ資産が激減するかわかりません。

まずは具体的なコンセプトを定めて、そのコンセプトをかなえられるようなポートフォリオを構築することが肝要ですね。

せーじんのコンセプトは、

  1. 暴落相場でも、ある程度資産を保全できる
  2. 上昇相場では、ある程度資産を延ばしていける

こんな感じです。

そして、このコンセプトを満たすためにポートフォリオをこのように構築しました。

生活防衛資金は、このポートフォリオの他に準備しています。

ここに入っている現金とは、生活防衛資金でなく投資用資金の一部です。

長期投資に資産の多くを向けます

コンセプトを決めたら、次は資産の配分を考えます。

仕事を持つ個人投資家であれば、長期積立投資を基本にするのがおススメです。

投資の核となるのは、米国インデックスへの長期積立投資

どうして長期投資が基本なの?

株価、特に米国全体の平均株価っていうのは、長期で見れば右肩上がりに上昇していくんだよ。

どうして?

経済が成長しているし、インフレもしているからね。

へー。じゃあ、長期投資ならだれでも儲かるの?

そう。米国の指数ならね。短期で見れば上がったり下がったりだけど、長期で見れば上がっていくよ。
市場に参加していれば、誰もが儲かるのが米国インデックス長期積立投資なんだよ。

米国の代表的な株式指数(インデックス)であるS&P500のチャートをご覧ください。

1870年頃からの150年ほどのチャートですが、基本的に右肩上がりとなっていますね。

このS&P500へ積立投資をした場合、15年以上の投資期間をとれば負ける確率は0%になると言われています。

これは過去のデータですから、これからもそうであると言い切ることはできませんが、参考にすべきデータだと思います。

長期投資先は、やっぱり米国がおススメ!

インデックス投資がおススメなのは分かったけど、日本とか別の国じゃダメなの?

このチャートを見ればわかるよ。長期投資なら米国がおススメだね。

2000年1月からの約20年間のチャートです。

赤:S&P500(米国) 青:DAX指数(ドイツ) 紫:ハンセン指数(中国・香港) 黄:日経平均(日本)

日本の株価も上がってはいるけど、やっぱり米国が一番上がってるねだね。

せーじんのポートフォリオは、米国株への長期投資が全体の50%を占めています。

米国株の中でも、

  • S&P500ETF(IVV)
  • ナスダック100ETF(QQQ)
  • 情報技術ETF(VGT)

などのETFに資産の多くを振り分けていますが、マイクロソフトやアップル等の個別株も少しづつ保有しています。

コモディティと債券を入れて、暴落や円高への防御力を高める

せーじんのポートフォリオには、コモディティと債券が15%ずつ入っています。

コモディティは、主に金で、銀とプラチナを少しづつ保有しています。

債券は、超長期米国債と中期米国債に分けて保有しています。

コモディティと債券を合計30%も保有しているのは、暴落や円高への防御力を高め資産を保全するためです。

昨日の記事にも掲載しましたが、2020年のS&P500、金、長期国債のチャートを見てみましょう。

赤:S&P500、黄:金、青:長期米国債

3月のコロナショックでは、金や債券も下がっています。

しかし、下げ幅は株と比較するとかなり小さく、回復も早いですね。

こういった株とは異なる値動きをする投資先を加えて、暴落相場での資産を保全するのです。

また、以前の記事で、金や債券は円高にも強いことがわかっています。

短期トレードで上昇相場でも下落相場でも大きなリターンを狙う

せーじんは、2020年から短期トレードを開始しました。

その目的は、

単純に面白いから

ということもありますが、もう一つあります。

上昇相場ではより大きなリターンを、下落相場でも利益を得るためです。

長期投資のところで紹介したインデックスの積立投資は、

  • 堅実に資産形成するのには適していますが、短期間で資産を増やすことはできません。
  • また、下落相場では株価の下落に身をゆだねるのみです。

短期トレードであれば、

  • 短期的なトレンドに乗って、より大きな利益を得る
  • 下落局面でも空売りなどを活用して利益を上げることができます。

短期的なトレンドとは、例えば以前の記事で紹介したPLTRでいうと、

この急騰期間の利益を、上手くやればとれるわけです。

もちろん損する危険も大きいですけどね。

短期トレードは、長期投資と比較すればリスクが大きいため、皆さんにおススメするものではありません。

せーじんは、日本株のトレードをすると、どうしても仕事中にも気になってしまうため、米国株で短期トレードすることにしました。

ただし米国株は、

  • 取引時間が夜間(23:30~翌朝6:00)
  • 売買手数料が割高

なので、デイトレードはできません。1週間から1か月ほど保有するスイングトレードを基本としています。

投資用資金としての現金を残す

現金を残すことも非常に重要です。

現金が手元にあれば暴落局面で追加投資することができ、回復局面での資産の増加速度が段違いです。

そして、最も重要なことをもう一度言います。

生活防衛資金は、このポートフォリオの他に準備しています。

せーじんのポートフォリオにある現金10%は、

投資用資金の一部であり、生活防衛資金ではありません。

ここを間違えてしまうと、資産はあるのに貧しい暮らしをすることになります

以上、2021のポートフォリオは安全性高め、資産を増やす欲張りスタイルという話題でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
今回の記事の内容
閉じる