資産運用で1億円を目指すための簡単マイルール(短期投資編)

こんばんは、せーじんです。

本日も当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

今回は、せーじんが設定している短期投資でのマイルールをお話しします。
用語がたくさん出てきてしまうので、これから投資しようという方には、わかりずらいかもしれませんが、お付き合いください。

短期目線での投資は、開始から1か月も経過しておらず、試行錯誤の段階です。

一応利益は出ていますが、今後マイルールを大きく変える可能性があります。

改善できる点などあったら、コメントいただけると大変嬉しく思います。

長期投資についての記事はこちらです。

あわせて読みたい
資産運用で1億円を目指すための簡単マイルール(長期投資編) こんばんは、せーじんです。 本日もお越しいただきありがとうございます。 目標、現在の資産、収入、家庭の状況、月々の生活費など、人それぞれ状況が大きく異なるとは...
今回の記事の内容

短期投資のマイルール

買うルール

5日単純移動平均線と20日単純移動平均線が上向きであること

MACDがシグナルを上回っており、上を向いている

株価がボリンジャーバンドを上に抜けていない

直近の高値を超えたら買い。超えなくても検討する

売るルール

5日移動平均線が下を向くこと

株価が窓を開けて急騰したとき

売買のタイミングのルール

前日夜に注文を入れておき、寄付でしか売買しない

ザラ場での売買は禁止とします。

空売りの時は、「上向き」とか「上」と書いてあるものを「下向き」や「下」とします。

短期投資の基本スタンス

短期投資のせーじんの基本的なスタンスは、負けにくくすること負けた時の損失は小さくすることです。

そのため、買う時の条件は厳しめに、売るときの条件は緩めに作っています。

また、投資においてルールは絶対です。

感情に流されてルールを破ると、ろくなことになりません。

ザラ場での売買を禁止している理由

せーじんはサラリーマンですから、仕事中に株を売買することはできません。

株が気になって仕事が手につかないという状況は避けたかったので、昼は仕事に集中できるようにルールを作りました。

投資成績が落ちるかもしれませんが、やっぱり本業に支障をきたしてはいけませんからね。

早期退職前にクビになってしまったら、目も当てられません。

昼は仕事に集中!ですよ。

なお、短期投資と言ってもデイトレードのように1日のうちに売買を繰り返すことはできないので、3日〜1ヶ月程度保有するスイングトレードをしています。

短期投資を始める手順

監視対象銘柄リストを作る

いろいろな業種からバランスよく、30から50銘柄ほどリストアップします。

日々の値動きを見ていると、なんとなくパターンがわかる銘柄や、全く見えてこない銘柄、値動きが激しい銘柄など個性があることがわかります。

わかりづらい銘柄はリストから外し、気になる銘柄はリストに加えていきましょう。

参考までに、せーじんの銘柄リストは以下の通りです。

こちらで紹介している銘柄はあくまでもせーじんの監視している銘柄リストであり、売買を推奨するものではありません。

ティッカー銘柄名
17182ゆうちょ銀行
24668明光ネットワークジャパン
34755楽天
48591オリックス
59831ヤマダ電機
68622水戸証券
78306三菱UFJフィナンシャルG
87751キヤノン
91803清水建設
104005住友化学
115401日本製鉄
125711三菱マテリアル
137202いすゞ自動車
148001伊藤忠
158002丸紅
168316三井住友フィナンシャルG
178411みずほフィナンシャルG
182432ディー・エヌ・エー
194680ラウンドワン
208802三菱地所
218801三井不動産
229104商船三井
239107川崎汽船
248410セブン銀行
255108ブリヂストン
269433KDDI
279437NTTドコモ
282373ケア21
291345上場Jリート
309707ユニマットリタイアメント
313710ジョルダン
324027テイカ
334436ミンカブ・ジ・インフォノイト
344980デクセリアルズ
354571ナノキャリア
363536アクサスホールディングス
373686ディー・エル・イー
384599ステムリム
394591リボミック
404228積水化成品
419434ソフトバンク
428154加賀電子
438267イオン
446412平和
457545西松屋チェーン
469861吉野家ホールディングス
473222ユナイテッド・スーパーマーケ
482914日本たばこ産業
492730エディオン
508173上新電機

毎日夜に銘柄リストの銘柄を1つ1つ上のルールと照らし合わせ、買うべきもの、空売りすべきものがあるか確認

保有している銘柄があれば、売るべきタイミングになっていないか確認

売買すべき銘柄があれば、成り行きで注文しておく。

夜に注文すると、寄付で約定されます。

前日夜の予約注文、しかも成り行きということで、いつかとんでもないことになる可能性がありますが、今のところ利益が出ているので、このままやっていこうと思います。

利益といっても、わずかな金額ですがね。

もし空売りにも挑戦するのであれば、証券会社に信用口座を開設する必要があります。

口座をお持ちの証券会社のホームページに手続き方法が掲載してありますので、ご確認ください。

注意

この記事の内容は、あくまでもせーじんが実行している手法を紹介したものであり、読者に推奨するものではありません。

特に、短期投資は、元本割れのリスクが長期投資と比較して大きい傾向にありますのでご注意ください。

まとめ

買うルール

5日単純移動平均線と20日単純移動平均線が上向きであること

MACDがシグナルを上回っており、上を向いている

株価がボリンジャーバンドを上に抜けていない

直近の高値を超えたら買い。超えなくても検討する

売るルール

5日移動平均線が下を向くこと

株価が窓を開けて急騰したとき

売買のタイミングのルール

前日夜に注文を入れておき、寄付でしか売買しない

ザラ場での売買は禁止とします。

投資においてルールは絶対です。

ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
今回の記事の内容
閉じる