【FAS/XLF/VFH】銀行、金融株ETFとレバレッジETFを徹底比較!

2021年8月26日 改稿しました。

こんにちは、せーじんです。

最近の相場は面白いですよね。

えーなんで?

ここ数年はアップルやマイクロソフトなどのテクノロジー銘柄やヘルスケアが強い時期が続いていましたが、

その流れが少し変化しています。

ここ1ヶ月のヒートマップを見ても、一目瞭然ですよ

マップ左の中央付近にある金融セクターは、大幅プラスを示す明るい緑色になっています

こんなにプラス幅が大きいセクターは、金融以外にはなさそうだね!

そうでしょ?今、金融株が絶好調なんだよ

ということで、今回は順調な株価上昇を見せる金融セクターのETFと金融セクターの3倍レバレッジETFについて、紹介していきましょう。

金融セクターは金利上昇にも強いよ!

金と銀のCFDもスタート!

2021年5月17日、株価指数に加えて、コモディティでもCFDが使えるようになりました。

CFD始めるなら今がチャンス!

\ 口座開設無料 /

今回の記事の内容

今回登場するETFはこちら

金融・銀行ETFって言っても、また色々あるんでしょ?

そうだね。ただ、日本の大手証券会社で買えて、メジャーなETFっていうとこの3つになるかな

今回登場する金融株ETFはこちら
  • 金融セレクト・セクター SPDR ファンド(XLF)
  • バンガード・米国金融セクターETF(VFH)
  • Direxion デイリー 米国金融株 ブル3倍 ETF(FAS)

それでは、一覧表にしてみてみましょう!

ティッカーXLFVFHFAS
運用会社ステートストリートバンガードディレクション
設定日1998.12.282004.1.302008.11.6
総資産424億0900万ドル108億8700万ドル32億2000万ドル
出来高47,858,896433,8761,943,223
分配金1.44%1.54%0.45%
経費率0.12%0.10%0.95%
レバレッジなしなし3倍
出典元:Bloomberg Webページ

FASは3倍レバレッジ商品

FASは3倍レバレッジの商品だから、注意が必要だね

上がるときはものすごく上がるけど、下がるときもものすごく下がるんだよね。

元の指数が横ばいでも、少しずつ減価していくよ。上昇の流れに乗る時に使うのがベストだね

レバレッジETFのリスクについては、こちらの記事で紹介していますのでぜひご覧ください。

経費が最も安いのはVFHだけど、XLFもほとんど同じくらい

経費はVFHがすごく安いね

さすが安さに定評のあるバンガードだよね。0.10%は安い!

ただ、XLFも0.12%だから差はほんの少しだけです。

資産総額、流動性はXLFが最も優れています

資産総額は、XLFがダントツだね

そうだね。流動性(出来高)をみてもXLFがダントツに大きいから、機関投資家などはXLFの方が売買しやすいよね

個人投資家レベルであれば、VFHやFAS程度の出来高があれば困ることはありませんよ。

リターンを確認しよう!

ではリターンを確認しましょう。

わかりやすいように、S&P500のETF・VOOとの比較で見ていきます。

2021年初来ではS&P500を上回る大きな成長

まずは、2021年初来のチャートを確認しましょう

赤:FAS(レバレッジ) 青:XLF 緑:VFH 黒:S&P500(VOO)

銀行株、すごく上がってるね!S&P500よりもずっと上に行ってるよ

それにレバレッジをかけたFASはとんでもないパフォーマンスになってるね。

XLFとVFHはほとんど変わらないね

2020年初来で見ると、コロナ前高値を超えたばかり!

コロナショックを挟んだ、2020年初来チャートを確認しよう!

赤:FAS(レバレッジ) 青:XLF 緑:VFH 黒:S&P500(VOO)

銀行株は、2021年に入ってようやくコロナ前の高値を回復したんだね。
レバレッジのFASはさらに遅く、5月に入ってようやく回復かあ

S&P500(VOO)は2020年8月には回復してたけど、
金融ETFはそれよりかなり遅い回復だね
この値動きは、以前の記事で紹介したバリュー株ETFとそっくり

コロナショックの時の下落率を比較してみましょう。

出典元:etfreplay.com

FASは▲86%!?100万円が14万円になってたの?

そうだね。こんなの耐え切れる人はかなり少ないはずだよ。
ちなみにせーじんは、80%下落したTECLとSOXLを鬼ナンピンしてました(笑)

FASは別にしても、レバレッジなしのXLFとVFHもS&P500より10%程度大きく下落しています。

コロナショックと、それに対する金融緩和は金融セクターに大きな打撃を与えたようですね。

長期(10年間)リターンを確認しよう

10年間の長期リターンを確認しましょう。

赤:FAS(レバレッジ) 青:XLF 緑:VFH 黒:S&P500(VOO)

10年間で見ると、XLFはS&P500とほとんど変わらないんだね

VFHは少しリターンが低いみたいだね

それにしても3倍レバレッジのパフォーマンスがとんでもないねw
10年で23倍なんて、もう笑うしかないレベルだよ

長期金利の上昇を追い風に、株価はまだ上がるかも

銀行の収益は金利差から生まれる

銀行の収益の柱は、お金を貸し付けた時に徴収する利息です。

貸し付けるためのお金は、預金者から預かった預金を原資としています

銀行の収益は

銀行の収益=貸付先から徴収する利息ー預金者に支払う利息

となりますね。

銀行の収益は金利の差というわけです。

米国の長期金利は長期に渡る下落トレンド

ところが、金利が低い状態では、銀行の収益となる金利の差を大きくとることができません

つまり、銀行は儲けることができないのです。

ここで、米国の長期金利の推移をみてみましょう。

1980年から40年間のチャートですが、一貫して下落傾向にあることがわかります。

金利の低下が続いていたから利益が上げにくくて、株価の伸びが小さかったってことなんだね

長期金利が上昇に転じた!

長期金利は、長期間にわたる下落トレンドにありましたが、ここ1年間で上昇に転じています。

金利が上昇すると、金利の差を大きく取りやすくなり銀行の収益が伸ばすことができます。

長期金利の上昇は、金融セクターの銀行にとって収益を上げる最高の追い風です!

金利と金融セクターの関係を株価チャートで確認しよう

金利と金融セクターの関係を説明してきましたが、株価チャートで見るのが手っ取り早いですね。

ここ10年ほどのチャートを見てみましょう。

青:XLF 黄:米国10年債金利 下の赤:XLFと金利の相関係数

金利(黄色)が上昇している期間を、青く塗りました。

青く塗っている、金利上昇局面でのXLFの値動きをよく見てね

あ、金利が上昇しているときは、金融セクターは必ず上昇してるね

金利が上昇すると金融セクターは収益を上げやすくなるため、株価が上がりやすくなる

構成銘柄を比較しよう。XLFとVFH、FASはどうちがう?

構成銘柄の比較をしてみましょう。

ETF構成銘柄数
XLF68
VFH401
FAS149
出典元:seeking α

それぞれのETFの構成銘柄の上位10銘柄です。

スクロールできます
NoXLF%VFH%FAS%
1バークシャーハサウェイ12.71JPモルガン9.30バークシャーハサウェイ11.60
2JPモルガン11.19バークシャーハサウェイ7.66JPモルガン10.41
3バンク・オブ・アメリカ7.33バンク・オブ・アメリカ5.98バンク・オブ・アメリカ6.92
4ウェルズファーゴ4.69ウェルズファーゴ3.81ウェルズファーゴ4.17
5モルガン・スタンレー3.60シティグループ2.83シティグループ3.25
6シティグループ3.49モルガン・スタンレー2.72モルガン・スタンレー2.83
7ゴールドマンサックス3.26ブラックロック2.66ゴールドマンサックス2.79
8ブラックロック3.09ゴールドマンサックス2.60ブラックロック2.78
9チャールズシュワブ2.61アメリカンエキスプレス2.34チャールズシュワブ2.54
10S&Pグローバル2.47S&Pグローバル2.07S&Pグローバル2.20
出典元:Bloomberg(XLF ,VFH) ディレクション(FAS)
  • FASはベンチマークであるラッセル1000金融サービス指数(RGUSFLA)の構成

3つのETFは、構成銘柄がそっくりだね

そうだね。順位の入れ違いはあるけど、3つのETFの上位銘柄はほぼ同じだね

XLFよりVFHの方がよく分散されています

分散性を比較してみましょう

分散性に関する項目を抜き出すと、このようになります。

XLFVFH
構成銘柄数68銘柄401銘柄
上位10銘柄の割合54.44%41.97%
上位3銘柄の割合31.23%22.94%

構成銘柄数はVFHの方が6倍も大きいですね。

上位10銘柄の占める割合、上位3銘柄の占める割合ともにVFHの方が低く抑えられています。

VFHの方が分散性に優れていることを示しています。

FASの1位、Dreyfus Government Cash Managementとは

この記事では、FASの構成銘柄は指数のものを使用しました。

他のETFと比較しやすい様にするためです

では、実際の構成はどうなっているのでしょうか。

こうなってます。

出典元:Bloomberg

FASの構成比1位は「Dreyfus Government Cash Management」となっていますね。

これはなんなの?

FASの構成比1位となっている「Dreyfus Government Cash Management」は、米国債または現金に投資する安全性の高いファンドです。

レバレッジETFに国債?現金?

価格急変時の安全弁として組み込まれているのでしょう。

コロナショックが発生した2020年3月中旬ごろから、FASだけでなくTECLやSOXLなども含めたレバレッジETFに組み込まれるようになっています。

まとめ

長期的には市場平均と同程度の成長を見せてきた金融業界ですが、

2021年に入ってからは、長期金利の急騰を追い風に勢いよく伸び続けています。

XLFとVFHは2021年1月に、FASは2021年5月にコロナ前高値を更新し、さらに上昇しています。

そんな金融セクターに投資するETFのXLF・VFH、3倍レバレッジETFのFASを比較しました。

それぞれの特徴は

FAS:3倍レバレッジで上昇も下落も非常に大きい

VFH:経費が安く、分散性に優れている

XLF:総資産、出来高が圧倒的に大きく流動性に優れる。経費もVFHと遜色ない

などの特徴があります。

しかし、

上位構成銘柄の顔ぶれはほぼ同じです。

したがって、FASを除く2銘柄はリターンもほぼ同じとなっています。

3倍レバレッジのFASは、構成比1位は米国債や現金を投資先とするファンドですが、

これはあまり気にする必要はないかな、と思います。

しっかり上昇し、素晴らしいリターンをあげていますからね。

金融株ETFの選び方

最後に、せーじんの考える金融ETFの選び方を紹介したいと思います。

金融株の未来を強く信じており、暴落と高い経費にも耐えられるメンタルと信念を持っている投資家

⇨3倍レバレッジのFASがおすすめ

機関投資家のような大規模な資産を運用しており、非常に高い流動性を重要視している

⇨資産総額と出来高が圧倒的に高いXLFがおすすめ

上記に当てはまらない、一般的な個人投資家

⇨わずかだが経費が安く、よく分散が効いているVFHがおすすめ

楽天証券CFD口座開設
忙しいサラリーマンが投資をするならCFDも検討したいですね

仕事に、育児に、遊びに忙しいサラリーマンの資産形成には、CFDという選択肢も有力です。

CFDの取引時間はほぼ24時間。

夕食後のゆっくりした時間や通勤の電車の中、祝日でも取引することができます。

またレバレッジをかけた投資をすることもできますから、

少ない資金からから大きな利益を狙うこともできます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

DMMFX

業界最狭水準のスプレッドで取引手数料は0円!

せーじんのポートフォリオ

せーじんの資産状況と取引履歴は、毎月紹介しています。

ETF、レバレッジ投資信託、CFDのリターン比較実験

4月から、ETF、レバレッジ投資信託、CFDのリターン比較実験をしています。

毎月経過を報告していますので、ぜひご覧ください。

どれが一番儲かるのかな〜?

FIRE達成!専業投資家「せーじん」...

以上【FAS/XLF/VFH】銀行、金融株ETFとレバレッジETFを徹底比較!という話題でした。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

せーじんが使っているブログサービスはこちら

ワードプレステーマ「swell」

簡単、手軽、短時間で記事を執筆できるテーマとして有名なSWELL

装飾やプログラムの勉強時間を大幅に短縮でき、記事を書くことに集中できます。

こんなことができるのは、ワードプレスの新機能ブロックエディターに対応しているから!

レンタルサーバー「conohawing」

早い、安い、優しい

と3拍子揃ったレンタルサーバー。

表示速度の速さはgoogleからの評価対象であり、googleから評価されればアクセス数の上昇が期待できます。

安さも業界トップクラスです。

初心者でも操作しやすい管理画面にも定評があります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
今回の記事の内容
閉じる