【5月第4週】米国株6%の急上昇!下落相場は完全終了!•••とは思えません

こんにちは、せーじんです。

今週も、、米国株と我が家の資産は下落しちゃった?

いや、今週は久しぶりに上がったんだよ!
7週連続という記録的な下落からの華麗な復活!

Bloomberg.com
【米国市況】S&P500種続伸、週間での連続安ストップ-ドル127円近辺 27日の米株式相場は続伸。先週まで7週連続で下げたが、このところ持ち直しが続いている。機関投資家による月末のポートフォリオ調整が相場を押し上げた可能性がある。

これは久しぶりに嬉しいニュースだねえ

この大幅上昇の原因と見られるのは
  1. FOMC議事要旨の内容が想定内だった
  2. インフレ率の鈍化
  3. 売られすぎからのリバウンド
  4. 機関投資家の月末ポートフォリオ調整
この4つですかね

5月25日(米国時間)に発表されたFOMC議事要旨。

パウエル議長や他の参加者がこれまで話していたこととの大きな違いはありませんでした。

これが投資家に安心感を与えたものと考えられます。

インフレ率の上昇が鈍化していることは、急激な利上げが早期に終了することが期待できます。

売られすぎっていうのは?

5月21日のニュースでこういう報道があったよ

米国株式市場=ダウ反発も8週連続下落、S&P弱気相場入り辛うじて回避

[20日 ロイター] – 米国株式市場は不安定な値動きとなった後、まちまちで終了。ダウ工業株が反発する一方、ナスダック総合は続落。S&P総合500はほぼ変わらずで引け、弱気相場入りを辛うじて回避した。米国株式市場は不安定な値動きとなった後、まちまちで終了。

週足では、ダウが8週連続で下落し、1932年の世界大恐慌以来の最長を記録。S&Pとナスダックも7週連続での下落となり、ドットコム・バブルがはじけた2001年以来最長となった。

20日の取引で、S&Pはほぼ終日、マイナス圏で推移。一時、1月3日に付けた終値での最高値から20%超落ち込む場面もあったものの、引けにかけ、1月3日の終値から約18%安の水準まで戻した。

通常、過去1年の高値からの下落率が20%を超えると、弱気相場入りとされる。

ナスダックはこの日、21年11月に記録した終値での最高値から約27%下落した。

(以下省略)

出典元:ロイター(https://jp.reuters.com/article/ny-stx-us-idJPKCN2N620N)

記事の全文はこちら

JP
米国株式市場=ダウ反発も8週連続下落、S&P弱気相場入り辛うじて回避 米国株式市場は不安定な値動きとなった後、まちまちで終了。ダウ工業株が反発する一方、ナスダック総合は続落。S&P総合500はほぼ変わらずで引け、弱気相場入りを辛う...

ダウは世界恐慌以来の連続下落、S&P500とNASDAQもドットコムバブル以来20年ぶりの連続下落というニュースです。

このニュースにより、「投資家が現在の米国株は売られすぎ」という意識を持ったのかもしれませんね。

ということで、1週間の市場の動きを観察していきましょう。

5月第3週の市場の状況まとめ
  • 株式市場は、米国は下落、日本・中国は上昇
  • 仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアムとも下落が止まり停滞
  • 債券は、米長期国債が今週も大きく上昇
  • コモディティは、エネルギー・貴金属が大きく上昇
  • 米国債利回りは長期が下落、短期が停滞、金利差はやや縮小
  • 為替は、緩やかな円高

せーじんのポートフォリオについてはこちら

今回の記事の内容

今週の株式市場を確認しよう!

米国が久しぶりに大きく上昇

それでは、今週の世界の株式市場の値動きを確認しましょう。

指数週単位月単位年初来1年間
日経平均株価0.16-0.25-6.98-8.12
TOPIX0.53-0.65-5.27-3.09
NYダウ6.25-2.07-8.60-3.81
S&P5006.58-3.01-12.76-1.09
ナスダック総合6.84-5.75-22.46-11.77
ラッセル20006.27-1.75-16.07-16.95
ユーロ・ストックス504.150.84-11.39-6.43
上海総合指数-0.525.20-14.00-13.07
深セン成分指数-2.285.31-24.66-24.64
香港ハンセン-0.102.08-11.54-28.93
Investing.com 日本
世界の主要株価指数 - Investing.com 日本 世界の主要株価指数のレートをリアルタイムでご覧いただけます。それぞれの指数の現在価格、高値、安値、変動率をご覧いただけます。

うわ!米国の指数がどれも6%以上も上がってるよ!

凄まじい上昇だね。
はたして、これで今回の下落局面が終わるのか、、、

では、1%以上の上昇を見せた指数を確認していきましょう。

今週1%以上値上がりした指数
  • S&P500、ナスダック総合、ダウ平均、ラッセル2000
  • ユーロストックス50

先週は、日本と中国の指数が大きく上昇しましたが、

今週は、米国と欧州の指数が1%以上上昇しました。

米国は6%以上、欧州も4%以上ととんでもない上昇だよ

日本も小幅に上昇してるね

では、次に1%以上下落した指数を確認していきましょう。

今週1%以上値下がりした指数
  • 深圳成分

先週は、米国と欧州の指数が大幅マイナスでしたが、

今週は深圳成分のみが1%以上マイナスとなりました。

今週の世界市場の傾向は
  • プラスリターンの指数が7
  • マイナスリターンの指数が3
中国だけマイナスの週でした

S&P500は抵抗線を突破!でも出来高が伴ってないのが気になる

この1週間のS&P500ETF、SPYの株価チャートを確認していきましょう。

日足チャートで見てみよう

薄青:5日移動平均 青:20日移動平均 オレンジ:60日移動平均 黄:2月4月5月の底値ライン

今週は、FOMC議事要旨の発表があった25日以降に大きく上昇しています。

2月・4月・5月の底値ラインである410ドル(黄色ライン)を突破し、勢いがあるように見えます。

が、出来高はさほど大きくないのが気になるところです。

本当の底打ちなら、もっと出来高が大きくなりそうなもんだけど

まだ不安があるってことね

移動平均線を見ると、

  • 中期長期の移動平均線が下向き
  • 上から長期、中期、短期の順に並んでいる

ことから、下落トレンドが継続していますね。

しかし、短期線が上を向き、中期線を越えようとしています。

今週でトレンドが変わるのか、焦らずに注視していきましょう

各セクターの状況を確認

ヒートマップを確認しよう

セクターごとの好不調を、ヒートマップで確認しましょう。

ヒートマップは、市場の動きが一眼でわかっちゃうよ!

ヒートマップの詳しい説明はこちらの記事をご覧ください

ヒートマップの見方

今週1週間のパフォーマンスはこちら

あわせて読みたい

ああ、久しぶりに見たよ。
こんなに目に優しい緑は

そうだね。赤くなっているのは、ほぼインバースのみ。
株、債権、コモディティも全面高だね

ヒートマップから読み取れる、

プラス幅の大きかったセクターと、マイナス幅の大きかったセクターを見ていきましょう。

上昇したセクターは、エネルギー・小売・テクノロジー・金融・航空など

今週の市場を、よくみていきましょう。

ほぼ全てのセクターが明るい緑となっているので、ここではS&P500以上に上昇しているセクターを紹介していきましょう。

S&P500以上のプラスだったセクター
  • エネルギー
  • 一般消費財、小売
  • 金融、銀行
  • テクノロジー、半導体
  • 金属・採掘
  • 航空・宇宙・防衛

米国株が特に強かったね。
他国株、コモディティや国債も上昇してるけど、米国株ほど大きな上昇ではないよ

先週は一人負けだった米国株が、今週は大逆転だね!

今週調子の良かったセクターを取り上げた過去の記事はこちら。

興味があれば、ぜひご覧ください。

マイナスのセクターは、とうもろこし、穀物だけ

次に、マイナスリターンのセクターを探してみましょう。

マイナスのセクターは、インバース以外ではほとんどありませんね。

ごくわずかなマイナスリターンを拾っていきましょう

マイナス幅の大きかったセクター
  • とうもろこし、穀物

農作物の2セクターがマイナスだったんだね

とうもろこしが▲0.28%、穀物が▲1.17%だから、さほど大きな下落ではなかったけどね

上げ相場は気持ちいいねえ

バリューとグロースの強さは
  • グロース +7.15%
  • バリュー +5.96%

今週はグロースもバリューも大幅プラスでしたが、

比較するとグロースの方がより大きなプラスでした。

先週と比較しよう

先週のヒートマップと比較してみましょう。

これが先週のヒートマップです。

続いて、今週のヒートマップをもう一度見てみましょう。

1週間でここまで変わるなんて、市場はわからないもんだね

ほんとだね。でも、来週はまだ真っ赤なヒートマップになるかもしれない、という想定はしておいた方がいいよ

米国の金利を見ていきましょう

まずは、米国10年債の金利チャートを確認しましょう。

米10年債の利回りは、火曜日に下落しましたが、その後は安定しています。

2.7%を下抜けるか反発するかで今後の展開が変わってくるかもしれませんね。

次に米短期金利(2年国債)も確認しましょう。

短期金利も火曜日に下落してから、非常に小さい動きになっています。

長短金利差(10年債金利ー2年債金利)を確認しましょう。

長短金利差は、月曜と火曜にやや拡大後、一進一退となりました。

今週は非常に小さな動きでしたね。

ところで、金利差が拡大とか縮小するとどうなるんだっけ?

長短金利差の拡大は、主に金融セクターへプラスの影響を与えます。

これは、銀行をはじめとする金融機関は、長短金利差から収益を上げているからですね

金融機関は、長短金利差から収益をあげる

金融機関は、資金を調達し、その資金を貸し付けて利子を得ることで収益を上げます。

  • 金利の安い短期金利で資金を調達
  • 金利の高い長期金利で貸付
金利の差が大きいと収益をやすいんです

いつもこの通りになるとは限らないけどね

仮想通貨はどうなった?

仮想通貨はどうなったんだろう?

では確認していきましょう

ビットコインはじわじわと下落中

まずはビットコインから!

今週のチャートはこちら。

なんか、横ばいに見えるんだけどちょっとずつ下がってるような・・・

3万ドルのラインも割れちゃってるし、じわじわと下がっていくのかなあ

イーサリアムは明確に下落中

イーサリアムはどうなったの?

あ、イーサリアムはかなり下がってるね

為替は緩やかに円高進行中

ドル円の為替レートも確認していきましょう

最近はゆるやかな円高が続いてるね

今週は127円976銭から127円123銭になったね。
0.67%円高に振れてるよ

ところで、円高とか円安になると、どうなるんだっけ?

円高になると

日本円からドル建て資産への投資はしやすくなりますが、円換算の資産評価額は減少します。

円安になると

円換算資産評価額は増加しますが、円での投資はしにくくなります。

為替と資産の関係については、こちらの記事で解説しました。

楽天証券CFD口座開設

まとめ

ということで、5月第4週の世界の市場の動きを見てきました。

今週は、世界中のあらゆる資産が上昇しています。

その中でも特に大きく上昇したのは、米国株ですね。

世界恐慌以来の連続下落が続いていましたが、ここでようやくプラスになりました。

欧州もユーロ建てでは下落ですが、ドル建てでは上昇しています。

今週の株価下落の原因は、パウエル議長のタカ的な発言にあるでしょう。

この大幅上昇の原因と見られるのはこれ
  • FOMC議事要旨の内容が想定内だった
  • インフレ率の鈍化
  • 売られすぎからのリバウンド
  • 機関投資家の月末ポートフォリオ調整

株式市場は

先ほども書いた通り、世界中のあらゆる資産が上昇し、米国株はその中でも大きな上昇を見せました。

セクター別に見ると、

上昇したセクターは、エネルギー、テクノロジー、小売、金融などほぼ全て

下落したセクターは、特にありませんでした。

バリュー・グロースとも幅広く上昇しましたが、グロースの方がより大きな上昇でした。

その他の市場は

エネルギーは、天然ガス・原油ともに大きく上昇

貴金属は、パラジウムと銀が大きく上昇、金とプラチナは小幅に上昇

農業商品は、コーヒーが大幅上昇、穀物ととうもろこしは下落しています。

債券は、上昇しました。

仮想通貨市場は、ビットコイン、イーサリアムともに大きく下落です。

為替は、じわじわとした円高が続いています。

突然の資産価格高騰!これで下落相場はおしまい、、、とは限りません

今週は、FOMCの議事要旨が想定の範囲内だったとして市場に安心感が広がり、

ダウ平均は世界恐慌以来となる8週連続下落の報道があり、割安感での買いが入りました。

このため、株価が上昇したと見られます。

さらにインフレ率は上昇速度に鈍化傾向が見られます。

しかし、依然としてインフレ率は高い水準にあり、インフレ問題が解決したわけではありません。

ウクライナでの戦争も、終わる気配が見えません。

先を見通すことが非常に難しいというか不可能な状況にあります。

日々さまざまな報道が為され、株価も右往左往が続くでしょう。

暴落しても慌てず、暴騰しても落ち着いていられるようなポートフォリオを組み、

日々の生活を相場に振り回されないようにしましょう。

こういった下落相場は積み立て投資にとって株の安売りセールのようなもんだよ

そう考えれば、積み立て続けられるかも

長期インデックス投資では、日々の株価の上下は無視しよう

長期的に資産形成をするには、信頼できる投資先にしっかりと分散投資して、あとはゆっくりとすること

長期で見れば、自然に資産は増えていきますよ。

安眠できる長期投資のコツとは
  1. 信頼できる銘柄(指数)への投資であること
  2. 適度な分散
  3. 余力(現金)を残しておく

短期的な上げ下げはありますが、今回紹介している指数は世界の中心的な株式指数です。

こういった指数へ長期で投資するときは、日々の株価は無視しましょう!

目先の上下に惑わされず、しっかりホールドしながら安眠できる、そんな投資を目指したいですね

忙しいサラリーマンが投資をするならCFDも検討したいですね

仕事に、育児に、遊びに忙しいサラリーマンの資産形成には、CFDという選択肢も有力です。

CFDの取引時間はほぼ24時間。

夕食後のゆっくりした時間や通勤の電車の中、祝日でも取引することができます。

またレバレッジをかけた投資をすることもできますから、

少ない資金からから大きな利益を狙うこともできます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

\ 口座開設無料 /

せーじんのポートフォリオ

せーじんの資産状況と取引履歴は、毎月紹介しています。

ETF、レバレッジ投資信託、CFDのリターン比較実験

2021年4月から、ETF・レバレッジ投資信託・CFDのリターン比較実験をしています。

毎月経過を報告していますので、ぜひご覧ください。

どれが一番儲かるのかな〜?

FIRE達成!専業投資家「せーじん」...

【5月第4週】米国株6%の急上昇!下落相場は完全終了!•••とは思えませんという話題でした。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

せーじんが使っているブログサービスはこちら

ワードプレステーマ「swell」

簡単、手軽、短時間で記事を執筆できるテーマとして有名なSWELL

装飾やプログラムの勉強時間を大幅に短縮でき、記事を書くことに集中できます。

こんなことができるのは、ワードプレスの新機能ブロックエディターに対応しているから!

レンタルサーバー「conohawing」

早い、安い、優しい

と3拍子揃ったレンタルサーバー。

表示速度の速さはgoogleからの評価対象であり、googleから評価されればアクセス数の上昇が期待できます。

安さも業界トップクラスです。

初心者でも操作しやすい管理画面にも定評があります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
今回の記事の内容
閉じる