【VDC、XLP】暴落に強い生活必需品セクターは配当王・配当貴族の増配株ETF!

こんにちは、せーじんです。

今日は米国の11あるセクターの1つ、生活必需品セクターについてお話をしますよ。

生活必需品セクターって、どんな業種なの?

食品、生活用品、タバコなんかのメーカーや、それを売っているお店が入っているセクターだよ

主婦には馴染み深いセクターだね

生活必需品セクターの市場規模を確認しましょう。

こういう時は、S&P500のセクター別構成比を確認するとわかりやすいですよ。

出典元:ステートストリートWebページのデータを使ってせーじんが作成しました

生活必需品の割合は6.1%かあ。そんなに大きくはないんだね

割合が大きくないだけに、期待できることもあるんだよ

生活必需品セクターに期待したいこと
  • S&P500とは違う値動き(相関性の低さ)
  • 景気後退期の安定感

S&P500に占める割合が低いということは、一般消費財セクターの値動きがS&P500に与える影響が小さいということ。

S&P500とは相関性が低く、異なる値動きをする傾向が強いのなら、リスクヘッジに役立ちますね。

また、生活必需品は、どんなに不景気でも買わざるを得ないもの。

景気後退期でも安定した株価を期待したいところです。

ということで、今回は主婦・主夫の味方、生活必需品セクターのETFを紹介していきましょう。

金と銀のCFDもスタート!

2021年5月17日、株価指数に加えて、コモディティでもCFDが使えるようになりました。

CFD始めるなら今がチャンス!

\ 口座開設無料 /

今回の記事の内容

今回登場するETFは、この2つ

生活必需品セクターETFって、どんなのがあるの?

今日登場するのは、この2つのETFだよ

今回登場する生活必需品ETFはこちら
  • 生活必需品セレクト・セクター SPDR ファンド (XLP)
  • バンガード・米国生活必需品セクターETF   (VDC)

それでは、一覧表にしてみてみましょう!

ティッカーXLPVDC
運用会社ステートストリートバンガード
設定日1998.12.222004.1.30
総資産113億5700万ドル58億1700万ドル
出来高12,693,84595,517
分配金2.02%2.08%
経費率0.12%0.10%
出典元:Bloomberg Webページ

経費が安いのはVDCだけど、XLPもほとんど同じくらい

VDCの経費は、ものすごく安いね

さすが安さに定評のあるバンガードだよね。0.10%は安い!

ただし、XLPも経費率が0.12%と非常に安いですから、差はほんの少しだけです。

資産総額、流動性はXLPが最も優れています

資産総額と出来高は、XLPの方が大きいね

そうだね。流動性はXLPの方がすごく大きいから、機関投資家とかすごい額を運用している投資家はXLPの方が売買しやすいだろうね

普通の個人投資家なら、VDC程度の出来高があれば困ることはありませんよ。

株価チャートでリターンを確認しよう!

ではリターンを確認しましょう。

わかりやすいように、S&P500のETF・VOOとの比較で見ていきます。

2021年初来ではS&P500を下回っています

まずは、2021年初来の株価チャートを確認しましょう

青:VDC 赤:XLP 黒:S&P500(VOO)

生活必需品ETFは、S&P500よりも下だね

XLPとVDCは、ほとんど同じように動いてるね

2020年初来で見ると、コロナ前高値を超えたところで停滞

コロナショックを挟んだ、2020年初来の株価チャートを確認しよう!

青:VDC 赤:XLP 黒:S&P500(VOO)

2020年初めから見ると、ここでもリターンはS&P500に負けてるね

そうだね。コロナショックの下落は小さいし、2020年11月まではS&P500との差は小さいんだけど。その後の伸びが悪いなあ

コロナショックからの回復は遅くないんだけどね

回復後に、そこで停滞しちゃったね

コロナショックでの値動きを比較しよう

生活必需品セクターは不景気に強いんだよね

コロナショックでの下落幅と、その後の回復の値動きを見てみよう!

青:VDC 赤:XLP 黒:S&P500(VOO)

おお、明らかに下落幅が小さいね!

実際に、どんな下落だったのか数値で比較しようか

S&P500(VOO)の34%下落に対して、生活必需品ETFは25%前後の下落。明らかに小さいね

暴落後もしばらくは生活必需品ETFがS&P500を上回ってたけど、6月には追いつかれちゃってるね

ずいぶん早いけど、どうしてだろう

コロナショックは、各国政府の迅速な経済対策によってすぐに回復したからね。

回復に時間がかかった場合はどうだったのでしょうか。

次は、リーマンショックの時を見てみましょう。

リーマンショック時の値動きは?

コロナショックは回復が早すぎて、景気後退時の比較がしにくかったですね。

もっと長期間景気が悪化していた、リーマンショック以降の株価を比較しましょう。

青:VDC 赤:XLP 黒:S&P500(SPY)

  • VOOはリーマンショック時は運用が始まっていないため、SPYで代用しています

リーマンショック直前からの比較だと、10年間くらいS&P500よりも高リターンだね

リーマンショックでの下落幅も、S&P500よりもすごく小さいね。防御力(暴落への強さ)は十分にあるようだね

長期(10年間)リターンを確認しよう

10年間の長期リターンを確認しましょう

青:VDC 赤:XLP 黒:S&P500(VOO)

2011年からの10年間で見ると、VDCもXLPも、S&P500よりかなり下だね

そうだね。景気のいい時期は、S&P500よりもパフォーマンスが悪いみたい。
VDCとXLPは、ほぼ同じ値動きをしているね

ほんとだ!10年間で4ポイントしか差がないもんね。
でも、どの期間で見てもVDCがすこーしだけ上なんだよね

S&P500との相関性は?

では、生活必需品セクターとS&P500との相関性を、相関係数で確認していきましょう。

相関係数について、詳しくはこちらの記事で掲載しましたので、参考にご覧ください。

では、相関係数のチャートを見てみましょう。

10年間の相関係数を示してるけど、相関性は高そうだね

たまに逆に動いたりはしてるみたいだけど

そうだねえ。たまに逆にいくけど、ヘッジとしては使いにくいかな。
一緒に動く確率の方が高いからね。

でも、暴落に強いのはプラスポイントだよね

構成銘柄を比較。銘柄数は違っても、上位陣は同じ顔ぶれ

構成銘柄の比較をしてみましょう。

ETF構成銘柄数
XLP33
VDC97
出典元:ETF.com

それぞれのETFの構成銘柄の上位10銘柄です。

NoXLP%VDC%
1プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)15.82プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)13.64
2コカ・コーラ9.93コカ・コーラ8.89
3ペプシコ9.52ウォルマート8.00
4ウォルマート9.17ペプシコ7.98
5コストコホールセール4.87コストコホールセール5.83
6モンデリーズ・インターナショナル4.76フィリップ・モリス・インターナショナル4.71
7フィリップ・モリス・インターナショナル4.64モンデリーズ・インターナショナル3.85
8アルトリア・グループ4.27アルトリア・グループ3.63
9コルゲート・パルモリーブ3.80エスティローダー3.09
10エスティローダー3.72コルゲート・パルモリーブ2.92
出典元:Bloomberg

構成銘柄は2銘柄とも同じだね

ほんとだね。順位がちょっと入れ替わってるだけでメンバーは同じだね

3つのETFは上位10銘柄は全て共通、ところどころ順位が入れ替わっているだけです

XLPよりVDCの方がよく分散されています

分散性を比較してみましょう

分散性に関する項目を抜き出すと、このようになります。

XLPVDC
構成銘柄数33銘柄97銘柄
上位10銘柄の割合70.50%62.54%
上位5銘柄の割合49.31%44.34%

構成銘柄数はVDCの方が3倍ほど多くなっています。

上位10銘柄の占める割合、上位3銘柄の占める割合は両ETFとも高い数字になっていますが、

VDCの方が低く抑えられています。

2者を比較すれば、VDCの方が分散性に優れていますね

生活必需品ETFの構成銘柄は、配当王・配当貴族が多い

生活必需品ETFの構成銘柄は、配当王や配当貴族銘柄が多く含まれています。

配当王?配当貴族?

配当王、配当貴族とは

1株あたりの配当額を、長期間連続で増配し続けている銘柄に贈られる尊称です。

配当王 ・・・50年連続増配

配当貴族・・・25年連続増配

XLPやVDCの構成上位銘柄のうち、配当王、配当貴族はこの通りです。

銘柄名連続増配
プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)配当王
コカ・コーラ配当王
ペプシコ配当貴族
ウォルマート配当貴族
コストコホールセール
モンデリーズ・インターナショナル
フィリップ・モリス・インターナショナル
アルトリア・グループ配当王
コルゲート・パルモリーブ配当王
エスティローダー
出典元:Bloomberg

10銘柄中6銘柄が配当王や配当貴族!

こうなってくると、生活必需品ETFの増配の状況も気になるよね

気になる!

では、XLPから見てみましょう

XLPの10年間の配当状況はこちら

出典元:seekingα

やっぱり伸び続けてるね!

詳しいデータはこちらです。

Year配当額利回り増配率
2020$1.68922.52%4.48%
2019$1.61672.65%4.65%
2018$1.54483.23%3.72%
2017$1.48942.86%13.84%
2016$1.30832.84%2.63%
2015$1.27482.91%9.49%
2014$1.16432.84%13.30%
2013$1.02772.90%-3.63%
2012$1.06643.80%20.39%
2011$0.88573.49%16.03%
出典元:seekingα

なんだかいい感じ?


この表からわかるのは、こんなことだね

この表から読み取るXLPの配当傾向
  • この10年間で、減配は1度だけ(2013年)
  • コロナショックのあった2020年も増配している
  • 2011年と比較して、2020年は配当額が2倍近くにまで大きくなっている
  • ここ3年ほどは、増配の幅は大きくはない

VDCは大きく増配するが減配もある

次はVDCの10年間の配当状況も確認しましょう

出典元:seekingα

VDCの配当もすごい伸びね

詳しいデータはこちらです。

Year配当額年末利回り増配率
2020$4.35052.52%10.42%
2019$3.94002.53%8.01%
2018$3.64782.95%-0.81%
2017$3.67772.74%14.61%
2016$3.20902.67%-2.58%
2015$3.29402.92%36.28%
2014$2.41702.27%-0.45%
2013$2.42802.64%-6.29%
2012$2.59103.61%36.80%
2011$1.89402.93%-0.63%
出典元:seekingα

なんだか、減配してる年が多いね

そうだね。同じような構成でも、違いが出てくるもんだね

この表から読み取るVDCの配当傾向
  • この10年間で、減配は5度。2年に1回は減配している
  • コロナショックのあった2020年は、10%以上の大幅増配をしている
  • 2011年と比較して、2020年は配当額が2.3倍にまで上昇し、XLPを超えている
  • その原因は増配の幅。減配するときは小幅だが、増配するときは大幅に増配する

まとめ

生活必需品セクターのETF、XLPとVDCを調査しました。

生活必需品セクターは、食品、飲料、スーパー、タバコの銘柄を多く含むセクターです。

代表的なオールドエコノミーといった感じですね。

生活必需品セクターの特徴は

暴落時でもS&P500ほど株価が落ちない

不況でも需要がなくならない

構成銘柄に連続増配株が非常に多い

景気拡大期は、株価の上昇がS&P500を下回る

などの特徴があります。

XLPとVDCには、大きな違いはありません。

  1. 構成銘柄は、順位が入れ替わっているだけで上位銘柄は同じ
  2. 株価の動きも、ほぼ同じ

しかし配当の増減に関してはやや違いが見られます

  1. XLPは減配する回数は少ないが増配の幅も小さく、少しづつ増配していく
  2. VDCは2年に1度のペースで減配するが、増配時は大幅に増配する

両者の配当金額を2011年と比較すると、

XLPは1.9倍、VDCは2.3倍になっています

生活必需品セクターETFの選び方

最後に、せーじんの考える生活必需品セクターETFの選び方を紹介したいと思います。

機関投資家のような大規模な資産を運用しており、非常に高い流動性を重要視している

⇨資産総額と出来高が圧倒的に高いXLPがおすすめ

上記に当てはまらない、一般的な個人投資家

⇨わずかだが経費が安く、分散が効いていて少しだけリターンの高いVDCがおすすめ

\ 口座開設無料 /

忙しいサラリーマンが投資をするならCFDも検討したいですね

仕事に、育児に、遊びに忙しいサラリーマンの資産形成には、CFDという選択肢も有力です。

CFDの取引時間はほぼ24時間。

夕食後のゆっくりした時間や通勤の電車の中、祝日でも取引することができます。

またレバレッジをかけた投資をすることもできますから、

少ない資金からから大きな利益を狙うこともできます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

DMMFX

業界最狭水準のスプレッドで取引手数料は0円!

せーじんのポートフォリオ

せーじんの資産状況はこちらの記事で解説しています。

せーじんの取引履歴はこちらです

4月から、S&P500のETF、レバレッジ投資信託、CFDのリターン比較実験をしています。興味のある方は、こちらの記事へお越しください。

以上【VDC、XLP】暴落に強い生活必需品セクターは配当王・配当貴族の増配株ETF!という話題でした。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

せーじんが使っているブログサービスはこちら

ワードプレステーマ「swell」

簡単、手軽、短時間で記事を執筆できるテーマとして有名なSWELL

装飾やプログラムの勉強時間を大幅に短縮でき、記事を書くことに集中できます。

こんなことができるのは、ワードプレスの新機能ブロックエディターに対応しているから!

レンタルサーバー「conohawing」

早い、安い、優しい

と3拍子揃ったレンタルサーバー。

表示速度の速さはgoogleからの評価対象であり、googleから評価されればアクセス数の上昇が期待できます。

安さも業界トップクラスです。

初心者でも操作しやすい管理画面にも定評があります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
今回の記事の内容
閉じる