SBI・V・全米インデックスファンドと楽天全米株式インデックスファンド、2つの投資信託を徹底比較

こんにちは、せーじんです。

S&P500投資信託で、信託報酬が最も安いのは

「SBI・バンガード・S&P500(2021年6月15日以降は「SBI・V・S&P500に名称変更」)

という投信です。

この「SBI・V」シリーズに、6月29日から新たな投資信託が加わります

その名も、

SBI・V・全米株式インデックスファンド(愛称:SBI・V・全米株式)

といいます。

S&P500投資信託で最安のシリーズだから、この投資信託も経費が安いんだよね!

非常におトクになっております

投資対象が同じく全米株式で、非常に人気の高い投資信託

楽天バンガード全米株式(楽天VTI)の直接的なライバルです。

今日は、この2つの投資信託を比較していきましょう。

今回の記事の内容

ファンド名の「全米株式」とは

ファンドの名前に全米株式ってあるけど、S&P500とは違うの?

そうだね。S&P500とは違うものだよ

全米株式とS&P500の違いは

全米株式とS&P500

米国のあらゆる企業に幅広く投資する指数ですが、異なる点があります。

それは、中小型株を含むか、大型株のみかという点です。

  • 全米株式=中小型株を含む指数
  • S&P500=大型株のみで構成された指数
S&P500全米株式
投資先米国米国
対象銘柄大型株大中小型株
銘柄数500約4000

構成銘柄数もずいぶん違うんだね

中小企業ってたくさんあるからね

SBI・V・全米株式と楽天VTIの概要

それでは、6月29日からスタートするSBI・V・全米株式と、現在人気の楽天VTIを比較していきましょう。

SBI・V・全米株式楽天VTI
運用会社SBIアセットマネジメント楽天投信投資顧問
設定日2021年6月29日2017年9月29日
主要投資対象全米株式ETF(VTI)全米株式ETF(VTI)
信託報酬*0.0938%0.162%
販売会社SBI証券のみ主要証券会社、銀行
出典元:SBIアセットマネジメント、楽天投信投資顧問Webページ
  • 信託報酬には、VTIの管理経費0.03%を含んでいます

投資対象は同じ、米国ETFのVTI

投資対象は、両方ともVTIなんだね!

そうだね。投資対象が同じだから、リターンは同じだろうね。

違いは信託報酬!

信託報酬には、違いがありますね。

楽天VTIは0.162%なのに対し、SBI・V・全米株式は0.0938%です。

差は0.08%です。

これを大きいと見るかは小さいと見るかは人によりますが、

同じ投資先であれば経費が高い方を買う理由はありませんね。

使っている証券会社によって買う投資信託が変わるだけ

どっちを買おうかなあ

とお悩みの方、基本的には悩む必要はありません。

販売している証券会社が違うからです。

SBI証券を使っているひとは

SBI証券を使っている人は、経費の安いSBI・V・全米株式!

SBI証券以外のひとは

SBI・V・全米株式は買えません。楽天VTIですね!

SBI証券の公式Webページはこちらです。

SBI・Vシリーズ START|SBI証券
SBI・Vシリーズ START|SBI証券2021年6月15日より「SBI・バンガード」シリーズは「SBI・V」シリーズに名称を変更します。皆さまの長期の資産形成を応援する低コストのインデックスファンドシリーズです。

全米株式のリターンを確認しよう!

全米株式のリターンが気になるね。S&P500よりも上なのかな?

じゃあ、早速見てみよう!

SBI・V・米国株式と楽天VTIの投資先である全米株式と、大企業のみのS&P500、リターンの違いを見てみましょう。

それぞれ、代表的なETFの株価チャートを使います。

今回使用するETFは
  • 全米株式:VTI
  • S&P500:VOO

10年間リターンは、ほぼ同じです

まず2011年6月以降の10年間の株価チャートを確認しましょう。

黒:全米株式(VTI) 青:S&P500(VOO)

10年間のリターンは、

全米株式(VTI)  +234.50%

S&P500(VOO) +233.63%

でした。

うーん。同じだね(笑)

そうだね。リターンは変わらないね

2021年初来リターンも、ほぼ同じです

一応、最近のリターンも確認しましょう。

2021年初来の株価チャートです。

黒:全米株式(VTI) 青:S&P500(VOO)

2021年初来のリターンは、

全米株式(VTI)  +13.22%

S&P500(VOO) +13.30%

でした・

やっぱり最近だけでもリターンは同じだね

2月〜3月にあった小型株ブームの時は、小型株を含むVTIがかなり上に行ってるね。すぐにS&P500に追いつかれたけど。

全米株式とS&P500の投資信託を比較すると

S&P500投資信託の最安はSBI・V・S&P500です。

信託報酬は、SBI・V・全米株式と同じ0.0938%です。

が、SBI証券でしか買えません。

SBI証券以外で買える投資信託でもっともコストが低いのは、

eMAXISslim米国株式(S&P500)の0.0968%です

楽天VTIの0.168%より低コストで投資できます。

まとめ

SBI・V・全米株式運用開始!楽天VTIとの違いは?

2021年6月29日、SBI・V・全米株式の運用が始まります。

全米株式に投資する投資信託は、これまで楽天VTIのみでしたから、新たな選択肢が加わることになります。

両投資信託の概要を比較しましょう。

SBI・V・全米株式楽天VTI
運用会社SBIアセットマネジメント楽天投信投資顧問
設定日2021年6月29日2017年9月29日
主要投資対象全米株式ETF(VTI)全米株式ETF(VTI)
信託報酬*0.0938%0.162%
販売会社SBI証券のみ主要証券会社、銀行
出典元:SBIアセットマネジメント、楽天投信投資顧問Webページ

SBI・V・全米株式と楽天VTIは投資先が同じです。値動きも同じでしょう。

違いは信託報酬と販売会社にあります

楽天VTIの信託報酬が0.162%なのに対し、SBI・V・全米株式はわずか0.0938%

かなり安いですね。

ただし、SBI・VシリーズはSBI証券でしか買えません

他の証券会社を使っている人は、今まで通り楽天VTI一択です。

全米株式とS&P500の違いは?

  • 全米株式は中小企業を含む4000銘柄、
  • S&P500は大企業のみ500銘柄

が含まれています。

中小企業を含むかどうか、という違いはありますが、

実はリターンや値動きは変わりません

好みでいいと思います。

せーじんは、せっかくなら中小企業にも分散投資したいので、全米株式につみたてNISAしています

全米株式とS&P500の投資信託を比較すると

S&P500投資信託の最安はSBI・V・S&P500ですが、信託報酬は全米株式と同じ0.0938%です。

SBI証券以外で買えるのは、eMAXISslim米国株式(S&P500)ですね。

こちらは0.0968%ですから、楽天VTIの0.168%より低コストで投資できます。

楽天証券CFD口座開設
忙しいサラリーマンが投資をするならCFDも検討したいですね

仕事に、育児に、遊びに忙しいサラリーマンの資産形成には、CFDという選択肢も有力です。

CFDの取引時間はほぼ24時間。

夕食後のゆっくりした時間や通勤の電車の中、祝日でも取引することができます。

またレバレッジをかけた投資をすることもできますから、

少ない資金からから大きな利益を狙うこともできます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

DMMFX

業界最狭水準のスプレッドで取引手数料は0円!

せーじんのポートフォリオ

せーじんの資産状況はこちらの記事で解説しています。

せーじんの取引履歴はこちらです

4月から、S&P500のETF、レバレッジ投資信託、CFDのリターン比較実験をしています。

毎月リターンの報告をしています。最新の報告はこちら。

以上、SBI・V・全米インデックスファンドと楽天全米株式インデックスファンド、2つの投資信託を徹底比較という話題でした。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

せーじんが使っているブログサービスはこちら

ワードプレステーマ「swell」

簡単、手軽、短時間で記事を執筆できるテーマとして有名なSWELL

装飾やプログラムの勉強時間を大幅に短縮でき、記事を書くことに集中できます。

こんなことができるのは、ワードプレスの新機能ブロックエディターに対応しているから!

レンタルサーバー「conohawing」

早い、安い、優しい

と3拍子揃ったレンタルサーバー。

表示速度の速さはgoogleからの評価対象であり、googleから評価されればアクセス数の上昇が期待できます。

安さも業界トップクラスです。

初心者でも操作しやすい管理画面にも定評があります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
今回の記事の内容
閉じる