【3月第1週】欧米からの支援で踏ん張るウクライナ!米国は利上げ待ったなし

こんにちは、せーじんです。

ウクライナでは戦争が続いているね

うん。欧米各国からの支援を得てウクライナも踏ん張ってるね。
ロシアへの経済制裁もかつてない規模になってるよ

これで戦争は早く終わるのかな

ロシア国民でも厭戦意識が高まってるし、これから経済制裁の影響でハイパーインフレでロシア国内はさらに大混乱になるからね。
普通に考えれば早く集結するけど・・・

けど?

今のロシアは普通じゃないから予測不能だね。
そもそも戦争を始めること自体普通じゃないから。

さらに、株価へ強い影響を与えるニュースが3月4日に発表されました。

米雇用者数、予想上回る67.8万人増に加速-賃金の伸びは減速

Reade Pickert2022年3月4日 22:38 JST 更新日時 2022年3月5日 1:16 JST

  • 失業率は3.8%に低下-あらゆる人種グループで広範に下げる
  • FOMCは今月の利上げ方針を維持する可能性高い

米雇用者数は2月に大きく増加した。米金融当局は今月の利上げ開始方針を維持する公算が大きい

一方で、賃金の伸びは減速。労働市場の堅調ぶりが示された半面、強いインフレ圧力がやや落ち着いたことも示唆された。

キーポイント
・非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比67万8000人増-昨年7月以来の大幅な伸び
・ブルームバーグ調査のエコノミスト予想予想中央値は42万3000人増
・1月と昨年12月ともに上方修正家計調査に基づく失業率は3.8%に低下-前月4%市場予想3.9%
U.S. economy added 678,000 workers in February as jobless rate ticked lower
非農業部門雇用者数出所:労働省、ブルームバーグ

(以下省略)

出典元:Bloomberg

Bloomberg.com
米雇用者数、予想上回る67.8万人増に加速-賃金の伸びは減速 米雇用者数は2月に大きく増加した。米金融当局は今月の利上げ開始方針を維持する公算が大きい。一方で、賃金の伸びは減速。労働市場の堅調ぶりが示された半面、強いインフ...

労働市場は順調に回復しているね。
利上げへの障壁は無く、3月中にも利上げに踏み切る可能性が高まったよ

でことは株価は・・・

今日は、かなり下がったね

ということで、今週の相場の状況をチェックしていきましょう。

3月第1週の市場の状況まとめ
  • 株式市場は、ロシアが今週も記録的な下落、欧州を中心に世界で下落
  • 仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアムとも上昇後に下落
  • 債券は、大きく上昇
  • コモディティは、貴金属、エネルギー、農作物のいずれもが大幅に上昇
  • 米長期国債利回りは下落、短期国債利回りは下落後に上昇、金利差は大きく縮小

せーじんのポートフォリオについてはこちら

今回の記事の内容

今週の株式市場を確認しよう!

世界中で株価下落!欧州の下落は▲10%以上

それでは、今週の世界の株式市場の値動きを確認しましょう。

指数週単位月単位年初来1年間
日経平均株価-1.85-5.30-9.75-9.97
TOPIX-1.67-4.43-7.40-2.70
JASDAQ0.07-2.44-9.25-11.95
NYダウ-1.30-4.20-7.496.73
S&P500-1.27-3.81-9.1812.67
ナスダック総合-2.78-5.57-14.903.04
ラッセル2000-1.90-0.01-10.83-8.67
ユーロ・ストックス50-10.44-12.98-17.27-3.09
上海総合指数-0.112.56-5.28-1.55
深セン成分指数-2.93-2.31-12.36-9.66
香港ハンセン-3.79-10.86-6.38-24.72
あわせて読みたい

欧州は▲10%以上!?

EU・NATO入りを目指すウクライナが戦争に巻き込まれてるわけだから、欧州への影響は一番大きいよね

では、1%以上の上昇を見せた指数を確認していきましょう。

今週1%以上値上がりした指数
  • なし

先週は、ナスダック総合とラッセル2000が1%以上のプラスでしたが、

今週は、大幅に上昇した指数はありませんでした。

唯一プラスだったJASDAQも、たったの0.07%だったね

では、次に1%以上下落した指数を確認していきましょう。

今週1%以上値下がりした指数
  • 日経平均、TOPIX
  • ダウ平均、S&P500、ナスダック総合
  • ユーロストックス50
  • 深圳成分、香港ハンセン

先週は、日本、欧州、中国の指数が大幅マイナスでしたが、

今週はさらに増え、米国を含むほぼ全ての指数が1%以上マイナスとなりました。

JASDAQと上海総合以外は、全部1%以上のマイナスだね

年初来で見ると、S&P500は▲10%、ナスダックは▲15%も下がってるよ。

ずいぶん下がっちゃってるねえ

今週の世界市場の傾向は
  • プラスリターンの指数が1
  • マイナスリターンの指数が10
世界中で株価が大きく下落

S&P500は、金曜日に大きく下落

この1週間のS&P500ETF、SPYの株価チャートを確認していきましょう。

日足チャートで見ると、よくわかるよ

木曜までは、株価は上がってたんだね

うん。それが、金曜日の雇用統計で一気に下がったんだね

先週との比較

先週の値動きとの比較をしてみましょう。

指数今週騰落先週騰落
日経平均株価-1.85-2.380.53
TOPIX-1.67-2.500.83
JASDAQ0.07-0.560.63
NYダウ-1.30-0.06-1.24
S&P500-1.270.82-2.09
ナスダック総合-2.781.08-3.86
ラッセル2000-1.901.36-3.26
ユーロ・ストックス50-10.44-2.54-7.90
上海総合指数-0.11-1.131.02
深セン成分指数-2.93-0.35-2.58
香港ハンセン-3.79-6.412.62

こう見ると、日本市場はすこし改善してるんだね

米国が金曜日に大きく下がってるから、その影響は月曜の日本市場に出てくるかもしれないけどね

各セクターの状況を確認

ヒートマップを確認しよう

セクターごとの好不調を、ヒートマップで確認しましょう。

ヒートマップは、市場の動きが一眼でわかっちゃうね!

ヒートマップの詳しい説明はこちらの記事をご覧ください

ヒートマップの見方

今週1週間のパフォーマンスはこちら

あわせて読みたい

今週は、明るい赤が多いけど、明るい緑もたくさんあるね

そうだね。
全体は大きく下がったけど、大きく上がったセクターもあるんだね

ヒートマップから読み取れる、

プラス幅の大きかったセクターと、マイナス幅の大きかったセクターを見ていきましょう。

上昇したセクターは、エネルギー、貴金属、農作物、長期国債など

今週の市場を、よくみていきましょう。

ヒートマップの、明るめの緑を確認していきます。

インバースやレバレッジは除いています

プラス幅の大きかったセクター
  • エネルギー
  • 公益事業
  • 金属・採掘
  • 金鉱、金、銀、プラチナ、パラジウム
  • 原油、天然ガス
  • コーン、穀物
  • 米長期国債

エネルギーやコモディティがすごく強いね
プラチナや原油は20%以上、穀物やコーンも+10%以上だよ!

国債がここで登場するなんて珍しいよね

投資家たちが、株以外の資産に逃げている感じがするよね

マイナスのセクターは、ロシア、中国、欧州、コーヒーなど

次に、マイナスリターンのセクターを探してみましょう。

S&P500より大きなマイナスのセクターを見ていくよ

マイナス幅の大きかったセクター
  • ロシア、欧州
  • 情報技術、半導体
  • 金融、銀行
  • 一般消費財
  • バイオテクノロジー
  • コーヒー

ロシアはまた大きく下がってるんだね

ロシア株は、今週▲63%も大暴落!
先週は▲35%の暴落だったし、ロシア株を持ってる投資家は・・・

バリューとグロースの強さは
  • グロース ▲2.97%
  • バリュー +0.19%

指数は大きなマイナスですが、バリューはプラスだったんですね。今週は文句なくバリューが強かったです。

先週と比較しよう

先週のヒートマップと比較してみましょう。

これが先週のヒートマップです。

先週は、全体的に暗めの色合いだね

続いて、今週のヒートマップをもう一度見てみましょう。

先週と比較すると、赤も緑もすごく明るくなっています。
特にコモディティと債券の強さが目立ちますね

長期金利・短期金利は一旦天井、長短金利差はやや拡大

米国10年債の金利チャートを見てみましょう。

米10年債の利回りは昨年12月以降大きく上昇してきましたが、

先週、2%前後で天井をつけました。

ウクライナ情勢の影響か、今週は大きく上下していますが、

結果的に1.736%まで下落しています。

次に米短期金利(2年国債)も確認しましょう。

2年国債も、1.6%て一旦天井をつけ、やや下落しています。

が、下落後にやや上昇しているというところが、10年国債との違いです。

長短金利差はどうでしょう

長短金利差(10年債金利ー2年債金利)のチャートです。

長短金利差は今週大きく縮小し、ついに0.254%まで下落してしましました。

長短金利差が0%を下回ると、逆イールドの発生を表します。

逆イールド?

逆イールドとは
  • 短期金利が長期金利を上回ってしまう現象のこと
  • 逆イールドが発生すると、数ヶ月〜数年後に景気後退や株価の下落が発生すると言われている
  • 今後、逆イールドが発生すれば、2019年8月以来となる

金利差が拡大とか縮小するとどうなるんだっけ?

長短金利差の縮小は、主に金融セクターへマイナスの影響を与えます。

これは、銀行をはじめとする金融機関は、長短金利差から収益を上げているからですね

金融機関は、長短金利差から収益をあげる

金融機関は、資金を調達し、その資金を貸し付けて利子を得ることで収益を上げます。

  • 金利の安い短期金利で資金を調達
  • 金利の高い長期金利で貸付
金利の差が小さいと収益をあげにくいんです

仮想通貨はどうなった?

金はかなり上がったけど仮想通貨はどうなったんだろう?

では、確認していきましょう

ビットコインは大きく上昇後、大きく下落

まずはビットコインから!

今週のチャートはこちら。

先週、せーじんが「底固めして、これから上昇!」って言ってたけど、、、

すっごく上がったでしょ?すぐ下がったけどね。

チャートパターン的には、2月上旬と中旬で跳ね返された4万5000ドルの抵抗ラインを突破できず、

再び跳ね返されてしまいました。

かなり強い抵抗線のようですね。

イーサリアムは上値が切り下がっている

イーサリアムはどうだろ?

イーサリアムは、上値がだんだん下がってきてるね

弱気の三角保合いを形成しているね。
イーサリアムは弱気に見ている投資家が多いってこと

ドル円の為替は、115円から115円50銭で激しく動く

ドル円の為替レートも確認していきましょう

今週は、為替も大きく動いています。

115円から115円50銭の間で大きく上下を繰り返しました。

週を通してみると、70銭(0.61%)ほど円高が進んだことになります。

ところで、円高とか円安になると、どうなるんだっけ?

円高になると

日本円からドル建て資産への投資はしやすくなりますが、円換算の資産評価額は減少します。

円安になると

円換算資産評価額は増加しますが、円での投資は投資はしにくくなります。

為替と資産の関係については、こちらの記事で解説しました。

楽天証券CFD口座開設

まとめ

ということで、3月第1週の世界の市場の動きを見てきました。

ウクライナでの戦闘は、今週も続いています。

その影響で、当事国ロシアの株価は63%の大幅下落をした他、欧州を中心に世界中の株価が大きく下落しました。

が、コモディティや債券は大きく上昇しています。

また、米国では雇用が順調に回復していることが発表され、利上げ待ったなしの状況です。

株式市場は

セクター別に見ると、

上昇したのは、金属・採掘、エネルギーなど

下落したのは、ロシア、欧州、半導体、バイオテクノロジーなどでした。

特に当事国ロシアは、1週間で▲63%と非常に大きく下落しています。

バリュー株は小さく上昇、グロース株は大きく下落しています。

その他の市場は

エネルギーは、原油・天然ガスが大きく上昇

貴金属は、いずれも大きく上昇しましたが、なかでもパラジウムが26%もの上昇

農業商品は、穀物・とうもろこしは大幅上昇、コーヒーが大幅下落

債券は、大きく上昇しました。

仮想通貨市場は、ビットコイン、イーサリアム大きく上昇したあと、大きく下落しました。

為替は、大きく上下しましたが、やや円高が進みました。

今年は、一筋縄ではいかない年になりそうです

先週始まったウクライナでの戦闘は、1週間経過しても続いています。

米国では雇用が順調に回復しており、今月のFOMCで利上げが発表される見通しです。

いずれも、株価へはマイナス要因となるでしょう。

暴落しても慌てず、暴騰しても落ち着いていられるようなポートフォリオを組み、

日々の生活を相場に振り回されないようにしましょう。

長期インデックス投資では、日々の株価の上下は無視しよう

長期的に資産形成をするには、信頼できる投資先にしっかりと分散投資して、あとはゆっくりとすること

長期で見れば、自然に資産は増えていきますよ。

安眠できる長期投資のコツとは
  1. 信頼できる銘柄(指数)への投資であること
  2. 適度な分散
  3. 余力(現金)を残しておく

短期的な上げ下げはありますが、今回紹介している指数は世界の中心的な株式指数です。

こういった指数へ長期で投資するときは、日々の株価は無視しましょう!

目先の上下に惑わされず、しっかりホールドしながら安眠できる、そんな投資を目指したいですね

忙しいサラリーマンが投資をするならCFDも検討したいですね

仕事に、育児に、遊びに忙しいサラリーマンの資産形成には、CFDという選択肢も有力です。

CFDの取引時間はほぼ24時間。

夕食後のゆっくりした時間や通勤の電車の中、祝日でも取引することができます。

またレバレッジをかけた投資をすることもできますから、

少ない資金からから大きな利益を狙うこともできます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

\ 口座開設無料 /

せーじんのポートフォリオ

せーじんの資産状況と取引履歴は、毎月紹介しています。

ETF、レバレッジ投資信託、CFDのリターン比較実験

2021年4月から、ETF・レバレッジ投資信託・CFDのリターン比較実験をしています。

毎月経過を報告していますので、ぜひご覧ください。

どれが一番儲かるのかな〜?

FIRE達成!専業投資家「せーじん」...

【3月第1週】欧米からの支援で踏ん張るウクライナ!米国は利上げ待ったなしという話題でした。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

せーじんが使っているブログサービスはこちら

ワードプレステーマ「swell」

簡単、手軽、短時間で記事を執筆できるテーマとして有名なSWELL

装飾やプログラムの勉強時間を大幅に短縮でき、記事を書くことに集中できます。

こんなことができるのは、ワードプレスの新機能ブロックエディターに対応しているから!

レンタルサーバー「conohawing」

早い、安い、優しい

と3拍子揃ったレンタルサーバー。

表示速度の速さはgoogleからの評価対象であり、googleから評価されればアクセス数の上昇が期待できます。

安さも業界トップクラスです。

初心者でも操作しやすい管理画面にも定評があります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
今回の記事の内容