【LIT】電池が変わればEVが変わる!リチウム、バッテリー株ETF

今日は、電池関連銘柄のETF、グローバルX リチウム&バッテリーテック ETFのお話だよ

電池?なんだかパッとしないねえ

いやいや、これから電池はアツいんだよ。
これから世界中でガソリン車の新車販売が禁止になるよね。

うん

そうすると電気自動車(EV)が大幅に普及するよね。

そうだね。このブログでも、そのお話はしたよね

じゃあ実際に自分たちがEVを買うとして、ネックになるのはどういうところかな

えー、値段が高い?

それも大事なところだね。
あともう一つ、一度の充電で走れる距離が短かったことなんだよね

EV普及のネック

  1. 車両価格が高い
  2. 一度の充電で走れる距離が短い

実はこの2つのネック、両方とも電池の問題だって知ってた?

え、両方ともなの!?

今回の記事の内容

電気自動車(EV)製造コストの半分は電池だけど、大幅にコストが下がっている

実はEVの製造コストの半分以上は電池というデータがあるんだよ

えー、電池ってそんなに高いの?

現在では大きなコストがかかる電池ですが、価格の推移を見ると年々低コスト化が進んでいることがわかります。

リチウムイオンバッテリーコストの推移(2010年から2016年)

出典元:石油天然ガス・金属鉱物資源機構

6年で、コストが4分の1くらいになったね

おお、かなり下がってるね!

EVの航続距離は、年々伸びている

では、もう一つのネック、走れる距離についてはどうでしょう。

これはガソリン車と比較します。

ガソリン車(せーじん家のもの)は650km走る

ガソリン車が走れる距離

例えばせーじんの車はガソリンのタンクが65リットル入ります。

燃費が10km/lなので、

ガソリン満タン状態から650kmくらいは、ガソリンスタンドに寄らずに走ることができます。

これを、航続距離と言います

以前のEVは、200km程度しか走れなかった

例えばこの航続距離が200kmの車を買った場合はどうなるのでしょう。

片道100kmまでのドライブしかできません。

それ以上走ろうとすると、途中で充電しなければいけませんね。

数年前までは、EVといえば200kmくらいしか走れないクルマが多かったのでした。

2021年のEVは400km走る!今後は1000km走るモデルも!

2021年2月現在、EVは大きく進化しています。

日産「リーフ」の航続距離は400kmまで伸びました。

米国のテスラ「モデルS」は630kmも走ります。

さらに、2021年1月には中国のNIOからこんなEVが発表されました。

出典元:ベストかー

航続距離が1000km!!

以前のEVより5倍も走れるんだね。すごいなあ

LITは急速に進歩する電池市場に投資するETF

コスト面でも、性能面でも大きく進歩する電池。

世界中でガソリン車が電気自動車に置き換わる動きが進むことから、

市場規模が大幅に拡大することは確実です。

でもどの電池メーカーが生き残るのかわからないんだけど

ご安心ください、ETFがありますよ。

それが、

グローバルX リチウム&バッテリーテック ETF【LIT

です。

LITは10年以上の歴史あるETF

それでは、LITの概要を見ていきましょう。

グローバルX リチウム&バッテリーテック ETF(LIT)
運営会社グローバルX
設定日2010/07/22
資産総額31億1711万ドル (2021/2/11 現在)
分配金0.34%
経費率0.75%
出典元:グローバルX社Webページ

設定日は2010年ですから、10年以上の歴史があります

グローバルXのETFでもかなり古い方ですね。

資産規模31億ドルは、グローバルXのETFで最も大きいです。

ちなみに以前取り上げたグローバルXのETFの順位は、

7位 HERO(eスポーツ関連株)

14位 BUG(サイバーセキュリティ関連株)

16位 GNOM(ゲノム、バイオテクノロジー関連株)

18位 AIQ(AI,ビッグデータ関連株)

また、経費率は0.75%と割高です

経費に見合ったリターンを出しているか、よく確認しなければいけませんね

チャートを確認してみましょう

それでは、チャートを確認しましょう。

比較のために、S&P500も入れてあります。

1年間で株価が2.3倍に!!

1年間の値動きはどうだったかな?

青:LIT 赤:S&P500

おお!すごい上がり方!

1年で+132%だから、2.3倍になってるんだね

2021年に入ってから、上値が重そうです。

週明けに下げるようだと、

三尊天井とかトリプルトップなどと言って、下落しやすいチャートの形になります。

コロナショックの下落は非常に大きい

コロナショック時の下落幅を比較しましょう。

出典元:etfreplay

VOO(S&P500)の下落が34%

だったのに対して、

LITの下落は46%

下落幅はS&P500よりもかなり大きいですね。非常にボラティリティの高い銘柄です。

5年間を確認、2019年9月以降は上昇トレンド

LITは、2018年から2019年9月ごろまで下落トレンドにありましたが上昇トレンドに転換していますね。

コロナショックを挟んでも上昇トレンドは続いています。

設定来(2010年)を見ると、上昇と下落を数年おきに繰り返す

設定時の価格を、2020年10月に初めて超えたようです。

トレンドがわかりやすく出ていますね。

2010年から6年間下落

⇨2016年から2年間上昇

⇨2018年から1年9ヶ月下落

⇨2019年9月から上昇(現在1年5ヶ月経過)

前回上昇から下落にトレンド転換した2017年末のチャートと、現在のチャートにそっくりに見えるのは気のせいでしょうか。

LITの構成銘柄を確認しよう

VIGは39銘柄から構成されています。

組入上位10銘柄は中国5銘柄、米国2銘柄

順位ティッカー銘柄構成比
1ALBALBEMARLE CORP10.98
2002460 C2GANFENG LITHIUM CO LTD-A7.22
3300014 C2EVE ENERGY CO LTD-A6.20
41211 HKBYD CO LTD-H5.97
5006400 KSSAMSUNG SDI CO LTD5.65
6300750 C2CONTEMPORARY A-A5.53
7TSLATESLA INC5.39
86752 JPPANASONIC CORP4.94
9051910 KSLG CHEM LTD4.54
10300450 C2WUXI LEAD INTE-A4.40
出典元:グローバルX社webページ

米国企業はわずか2銘柄ですね。

中国(香港含む)が5銘柄、韓国が2銘柄、日本から1銘柄(パナソニック)が入っています。

比率を見ると、1位のALBが11%を占め、上位10銘柄を足すと60%以上になります。

集中投資で高いリターンを狙う、グローバルXらしいETFですね。

国別構成を見ると、中国が50%近くを占める

国別の構成を確認しましょう。

中国は34%程度で構成比1位ですが、3位香港の13%を加えると50%近い割合が中国となります。

2位アメリカが20%、日本は5位に入っています。

まとめ

今回は、今後大きな成長を見込めるバッテリー関連銘柄にまとめて投資できるETF、LITを紹介しました。

LITはコロナショックをものともしない急成長を見せており、そのリターンは1年で+130%を超えています。

しかし、長期チャートを見ると上昇と下落の波が交互に来ており、

そろそろ下落に転じてもおかしくないと感じます。

このETFで、中国、米国など世界中のバッテリー関連銘柄に投資できます。

下落の可能性は否定できませんが、今後の需要は大きく長期的には上昇するでしょう。

投資するなら長期目線で!

ただし経費が高いのはバツですね。

以上【LIT】電池が変わればEVが変わる!リチウム、バッテリー株ETFという話題でした。

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
今回の記事の内容
閉じる