1月のリターン第1位!eMAXIS Neo バーチャルリアリティ

こんにちは、せーじんです。

今日は、eMAXIS Neo バーチャルリアリティという投資信託のお話をするよ。

eMAXIS Neoシリーズは、前にも1回やったよね

そうそう。前回は「eMAXIS Neo自動運転」のお話をしたね。

そのeMAXIS Neoシリーズが絶好調なんだよ。
こういった報道記事も出てるよ。

「eMAXIS Neo」シリーズが好パフォーマンス、21年1月の月間リターンは国内上位5本中4本を占める

2021/02/05 18:57

 三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Neo」シリーズのパフォーマンスが良好だ。21年1月の月間のリターンは、国内公募追加型株式投信(ETF除く)全ファンドでトップとなった「eMAXIS Neo バーチャルリアリティ」を始め、上位5ファンド中4ファンドが同シリーズ。同月末時点の1年間のトータルリターンにおいても、上位5ファンド中3ファンドを同シリーズが占めた。

 同シリーズは、ノーロードのテーマ型インデックスファンドシリーズ。米国市場に上場している日本を含む世界の企業の中から、AI(人工知能)が対象とするテーマごとに銘柄を選定して算出する「S&P Kensho ニューエコノミー指数」に連動することを目指す。

 現時点では、「ロボット」、「宇宙開発」、「遺伝子工学」、「ドローン」、「ナノテクノロジー」、「バーチャルリアリティ」、「フィンテック」、「自動運転」、「ウェアラブル」の9テーマ、9ファンドからなる。具体的なベンチマークは、テーマに応じて、「eMAXIS Neo 自動運転」が「S&P Kensho Autonomous Vehicles Index(配当込み、円換算ベース)」、「eMAXIS Neo バーチャルリアリティ」が「S&P Kensho Virtual Reality Index(配当込み、円換算ベース)」などである。

 21年1月の月間のリターンは、「eMAXIS Neo バーチャルリアリティ」が37.71%で国内ファンド中トップとなり、以下、「eMAXIS Neo ナノテクノロジー」が26.14%で第2位、「eMAXIS Neo ドローン」が18.04%で第4位、「eMAXIS Neo ウェアラブル」が16.97%で第5位。

 同月末の1年間のリターンでは、「eMAXIS Neo 自動運転」が126.47%で国内ファンド中第2位、「eMAXIS Neo バーチャルリアリティ」が116.70%で第3位、「eMAXIS Neo ナノテクノロジー」が112.12%で第4位となった。

 また、モーニングスターの推計によると、21年1月には、122億円の純資金流入となった「eMAXIS Neo 自動運転」を始め、「eMAXIS Neo バーチャルリアリティ」、「eMAXIS Neo ナノテクノロジー」、「eMAXIS Neo ドローン」、「eMAXIS Neo ウェアラブル」が設定来で流入超過額最大となった。

 2月4日時点の純資産残高は、最大の「eMAXIS Neo 自動運転」が231億円で、シリーズ全体でも457億円。昨年後半から急増しているものの、まだそれ程大きくはない。今後、良好なパフォーマンスをテコに注目度が高まる可能性がある。

出典元:morning star Webページ

報道記事をまとめると、eMAXIS Neoシリーズとは、こんな投資信託です。

  • 2021年1月の国内ファンド月間リターンで、上位5ファンド中4ファンドを占めた
  • 1年間のリターンランクでも、上位5ファンド中3ファンドを占めた
  • 「ロボット」、「宇宙開発」、「遺伝子工学」、「ドローン」、「ナノテクノロジー」、「バーチャルリアリティ」、「フィンテック」、「自動運転」、「ウェアラブル」の9テーマ、9ファンドから構成される
  • 2021年1月は、9ファンド中5ファンドで、流入超過額が最大、つまり今までで一番投資家からお金が入ってきた
  • 資産規模は、9ファンド合計で457億円あまりと、それほど大きくはない

これはすごい投信だね。

でしょ?で、今日は、この記事にも出ている「バーチャルリアリティ」のお話だよ。

1月の月間リターントップ、年間でも3位の投信だね。ワクワクする〜

それでは始めましょう〜

今回の記事の内容

驚異のリターンを誇る投資信託

1年間のチャートを確認しましょう

リターンについては先ほど紹介した報道でも出ていましたが、そのチャートを確認しましょう。

1年間のチャートで、比較のためにS&P500とナスダック総合も入れてあります。

出典元:モーニングスター社Webページ

とんでもないパフォーマンスだね!

eMAXIS Neoバーチャルリアリティも、以前紹介した同シリーズ自動運転と同様に凄まじいパフォーマンスです。

S&P500や、ナスダック総合指数を圧倒する、驚異的なリターンです。

設定日(2018年12月)からの期間で比較

もう少し期間を伸ばして、この投資信託の設定日である2018年12月3日からの期間で比較してみましょう。

出典元:モーニングスター社Webページ

設定来で見ても、ほぼ全ての期間でS&P500やナスダック総合指数を上回るリターンです。

特に2020年10月以降のリターンが素晴らしいですね

リターンを数値で確認しましょう

出典元:モーニングスター社Webページ

1ヶ月で37%!3ヶ月で91%!

これだけのリターンを生み出すemaxisは、どのような投資信託なのでしょうか。

確認していきましょう。

運用開始から2年くらいの新しい投資信託。信託報酬は0.792%とお高め

それでは、eMAXIS Neoバーチャルリアリティの概要を見ていきましょう。



emaxisNEOバーチャルリアリティ
運営会社三菱UFJ国際投信
設定日2018/12/3
償還日無期限
資産総額108億円
(2021/1/22 現在)
分配金0%
購入時手数料0%
経費率0.792%

償還期限は無期限に設定されており、購入時手数料は0のノーロードとなっています。

また、試算総額は108億円ですから、運営を心配するようなレベルではないですね。

現在のように大きな資金流入が続けば、心配はいらないでしょう

資金流入量を見てみましょう。

出典元:morningstar.com

2020年12月から急激に資金が流入しています。

分配金は出ません全額再投資に回されます。

経費率は0.792%なので、高めの部類に入ります。

しかし、パフォーマンスは先ほど見た通り非常に優れていますから、これくらいの経費は問題ないですね。

eMAXIS NEOバーチャルリアリティの構成銘柄を確認しよう

構成銘柄を確認していきましょう。

組入上位10銘柄

順位ティッカー銘柄比率
1DDD3D SYSTEMS CORP23.0
2VUZIVUZIX CORP14.3
3MVISMICROVISION INC8.6
4PTCPTC INC6.1
5VCVISTEON CORP5.0
6FBFACEBOOK INC4.2
7NVDANVIDIA CORP4.2
8AMBAAMBARELLA INC3.7
9SYNASYNAPTICS INC3.1
10SNAPSNAP INC3.0
出典元:三菱UFJ国際投信発行月次レポート(2021.1.29)

組み入れ銘柄数は19しかありません。

集中投資で高いリターンを狙う戦略ですね。

組み入れ比率が上位の銘柄たちは、いずれも最近大きく値を伸ばしていますね。

上位3銘柄の1年チャートを確認してみましょう。

青:DDD(組入れ1位) 赤:VUZI(組入れ2位) 緑:MVIS(組入れ3位) 黄:ナスダック100  

ええ!あのナスダックが地を這ってるようにしか見えないよ!

組入れ3位のMVISは、1年で29倍の成長だよ。すごすぎるよね。

国別構成

国別の構成を確認しましょう。

このデータは、前回決算の2020年8月時点のものを使用しています。

出典元:みんかぶ投信(2020年8月のデータ)

米国、スイス、台湾から構成されていて、米国が8割以上を占めていますね。

まとめ

実は、2021年1月の月間リターンが全投資信託中トップとなったeMAXIS NEOバーチャルリアリティ

1ヶ月で+37%、3ヶ月で+91%という驚異的なリターンでした。

その秘密は構成銘柄にあります。

わずか19銘柄のなかに急成長株を詰め込んだ、まさに少数精鋭といった感じです。

集中投資なだけに、成長が続くうちはいいのですが、どこかの銘柄がつまづいた時が怖いですね。

費用は0.72%と、高額な部類に入ります。

しかし、それを遥かに上回る大きなリターンを出しています。

長期投資ではなく、短期、中期の保有を前提とするのであれば、いいのではないでしょうか。

以上、1月のリターン第1位!eMAXIS Neo バーチャルリアリティという話題でした。

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
今回の記事の内容
閉じる