本当に当たる?アノマリー界の王者「セルインメイ」を本気で検証!

こんにちは、せーじんです。

日本にも、米国にも、株式市場に関するさまざまなアノマリーがあります

その中でも、最も有名なものの一つが、

セル イン メイ(SELL IN MAY)

というアノマリーです。

あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか?

聞いたことあるよ。5月に株を売れ、でしょ?

直訳するとそうなんだけどね。
このアノマリーは続きが重要なんだよ

今日は、投資のアノマリー「セル イン メイ」について、

重要なこの続きを紹介するとともに、

本当に当たるのか本気で検証していきましょう。

今回の記事の内容

アノマリーとは、論理的に説明できないが、なぜかそうなるという経験則

ところで、アノマリーってなんだっけ?

アノマリーっていうのは、論理的に説明できないことだね

本来のアノマリーという言葉はこういう意味です。

アノマリー(anomaly)とは、ある法則・理論からみて異常であったり、説明できない事象や個体等を指す。

科学的常識、原則からは説明できない逸脱、偏差を起こした現象を含む。

すでに説明できるようになった現象でも、アノマリーあるいは異常という名称がそのまま残ったものも多い。

出典元:wikipedia

投資の世界でのアノマリーという言葉も、ほぼ同じ意味合いで使われます。

投資用語としてのアノマリーとは

論理的な説明ができないが、当たることが多いとされている経験則。

日本で有名なアノマリーは、節分天井彼岸底などが広く知られています。

米国でも、今日紹介するセルインメイなど多くのアノマリーがあります。

セルインメイは続きが重要

セルインメイの全文

セルインメイの格言の全文を紹介しましょう。

Sell in May, and go away. Don’t come back until St Leger day.

(5月に株を売って市場から去れ、そしてセントレジャーデーまで帰ってくるな)

セントレジャーデー?

9月の第2土曜日のことだよ。米国では、この日に競馬の大きなレースがあるらしいよ。

セントレジャーデーまで帰ってくるな

セントレジャーデーまで帰ってくるな、てどういうこと?

逆に考えると、この日になったら帰ってこいってことだよね

ということは、このアノマリーはこういうことを言っているのかな。

セルインメイが言わんとしていること
  1. 5月中に株を売っておくべし=5月以降は株式市場が下がりやすい
  2. 9月第2土曜になったら帰ってこい=9月下旬以降は株価が上がりやすい

ふむふむ。で、これって本当に当たってるの?

じゃあ、本気で検証していきましょう!

S&P500の的中率は、あまり高くはない

S&P500の10年間チャート(2010から2021まで)を見てみましょう。

毎年、5月-9月を青く表示しています。

このチャートを使って、それぞれの年で「セルインメイ」が当たっているか確認していきましょう。

表の見方

「△」は株価上昇、「▼」は株価下落、「ー」はほぼ横ばいを表しています。

「判定」の項目は、セルインメイのアノマリー通りになったら「○」と表記します。

株価セルインメイ判定
2010年5月−9月
2010年10月−2011年4月
2011年5月−9月
2011年10月−2012年4月
2012年5月−9月
2012年10月−2013年4月
2013年5月−9月
2013年10月−2014年4月
2014年5月−9月
2014年10月−2015年4月
2015年5月−9月
2015年10月−2016年4月
2016年5月−9月
2016年10月−2017年4月
2017年5月−9月
2017年10月−2018年4月
2018年5月−9月
2018年10月−2019年4月
2019年5月−9月
2019年10月−2020年4月
2020年5月−9月
2020年10月−2021年3月15日

22回中12回でアノマリー通りになっています。

アノマリーの的中率は54.5%ですね

アノマリー通りの年が多いね!でも、最近は外れることが多いみたい

2016年まではほぼ必ず当たっていたけど、それ以降はあまり当たっていないね

この表を見てもチャートを見てもわかるけど、株価って上がり続けてるんだね

そう。だから、少しでも早く投資を始めるのが、資産形成への近道なんだよね

この表をまとめると

アノマリー的中率は54.5%と、物足りない数字。

特に2016年以降は、ほとんど的中していない

ナスダック100の的中率は、S&P500よりマシだけど

続いて、ナスダック100も確認してみましょう。

表の見方

「△」は株価上昇、「▼」は株価下落、「ー」はほぼ横ばいを表しています。

「判定」の項目は、セルインメイのアノマリー通りになったら「○」と表記します。

株価セルインメイ判定
2010年5月−9月
2010年10月−2011年4月
2011年5月−9月
2011年10月−2012年4月
2012年5月−9月
2012年10月−2013年4月
2013年5月−9月
2013年10月−2014年4月
2014年5月−9月
2014年10月−2015年4月
2015年5月−9月
2015年10月−2016年4月
2016年5月−9月
2016年10月−2017年4月
2017年5月−9月
2017年10月−2018年4月
2018年5月−9月
2018年10月−2019年4月
2019年5月−9月
2019年10月−2020年4月
2020年5月−9月
2020年10月−2021年3月15日

22回中13回でアノマリー通りになっています。

アノマリーの的中率は59.1%ですね

ナスダックもS&P500と同じで、最近は外れることが多いね

そうだね。S&P500との違いは、2019年10月ー2020年4月の区間がプラスになっているところだけ。あとは全て同じだね

この表をまとめると

アノマリー的中率は59.1%と、S&P500より高いもののやはり物足りない数字。

特に2016年以降は、ほとんど的中していない

日経平均の的中率は、50%以下

表の見方

「△」は株価上昇、「▼」は株価下落、「ー」はほぼ横ばいを表しています。

「判定」の項目は、セルインメイのアノマリー通りになったら「○」と表記します。

株価セルインメイ判定
2010年5月−9月
2010年10月−2011年4月
2011年5月−9月
2011年10月−2012年4月
2012年5月−9月
2012年10月−2013年4月
2013年5月−9月
2013年10月−2014年4月
2014年5月−9月
2014年10月−2015年4月
2015年5月−9月
2015年10月−2016年4月
2016年5月−9月
2016年10月−2017年4月
2017年5月−9月
2017年10月−2018年4月
2018年5月−9月
2018年10月−2019年4月
2019年5月−9月
2019年10月−2020年4月
2020年5月−9月
2020年10月−2021年3月15日

22回中9回でアノマリー通りになっています。

アノマリーの的中率は41%ですね

日経平均は、アノマリーの的中率が低いね。
50%切っちゃったよ。

やっぱり米国のアノマリーだから、かなあ。

この表をまとめると

アノマリー的中率は41%と、あまり当たっていない。

特に2016年以降は、ほとんど的中していない

中国(香港ハンセン指数)の的中率も高くはない

表の見方

「△」は株価上昇、「▼」は株価下落、「ー」はほぼ横ばいを表しています。

「判定」の項目は、セルインメイのアノマリー通りになったら「○」と表記します。

株価セルインメイ判定
2010年5月−9月
2010年10月−2011年4月
2011年5月−9月
2011年10月−2012年4月
2012年5月−9月
2012年10月−2013年4月
2013年5月−9月
2013年10月−2014年4月
2014年5月−9月
2014年10月−2015年4月
2015年5月−9月
2015年10月−2016年4月
2016年5月−9月
2016年10月−2017年4月
2017年5月−9月
2017年10月−2018年4月
2018年5月−9月
2018年10月−2019年4月
2019年5月−9月
2019年10月−2020年4月
2020年5月−9月
2020年10月−2021年3月15日

22回中11回でアノマリー通りになっています。

アノマリーの的中率は50%ですね

うーん、これもあまり当たっているようには見えないねえ

金も調べてみよう

表の見方

「△」は株価上昇、「▼」は株価下落、「ー」はほぼ横ばいを表しています。

「判定」の項目は、セルインメイのアノマリー通りになったら「○」と表記します。

株価セルインメイ判定
2010年5月−9月
2010年10月−2011年4月
2011年5月−9月
2011年10月−2012年4月
2012年5月−9月
2012年10月−2013年4月
2013年5月−9月
2013年10月−2014年4月
2014年5月−9月
2014年10月−2015年4月
2015年5月−9月
2015年10月−2016年4月
2016年5月−9月
2016年10月−2017年4月
2017年5月−9月
2017年10月−2018年4月
2018年5月−9月
2018年10月−2019年4月
2019年5月−9月
2019年10月−2020年4月
2020年5月−9月
2020年10月−2021年3月15日

22回中9回でアノマリー通りになっています。

アノマリーの的中率は41%ですね

5月とか9月とか全然関係なく、もっと大きな波で動いてる感じだね

金は年末に上がる傾向はありそうだけどね、セルインメイは関係なさそうだね

この表をまとめると

アノマリー的中率は41%と、かなり低い。

アノマリーはほとんど的中していない

ビットコインの的中率は、逆に奇跡

ビットコインは値上がりが強烈すぎて、通常のチャートだと前半部分の値動きが非常にわかりにくいです。

そこで、ここではログチャートで表示します。

また、ビットコインだけは5年間のデータとなります。

表の見方

「△」は株価上昇、「▼」は株価下落、「ー」はほぼ横ばいを表しています。

「判定」の項目は、セルインメイのアノマリー通りになったら「○」と表記します。

株価セルインメイ判定
2015年5月−9月
2015年10月−2016年4月
2016年5月−9月
2016年10月−2017年4月
2017年5月−9月
2017年10月−2018年4月
2018年5月−9月
2018年10月−2019年4月
2019年5月−9月
2019年10月−2020年4月
2020年5月−9月
2020年10月−2021年3月15日

ビットコインは、アノマリー通りになったのが12回中たったの4回!

アノマリーの的中率は33.3%です。

ここまで外れるってすごいよね。
単純な確率と同じ的中率しかないのね

各投資先の検証結果をまとめると

ここまでの検証結果をまとめると、こうなります。

投資先的中率
S&P50054.5%
ナスダック10059.1%
日経平均41%
香港ハンセン指数50%
41%
ビットコイン33.3%

どれも、パッとしないね

そうだねえ。2016年以前はかなり的中してたんだけど、それ以降はあまり当たらなくなってきてるね

まとめ

投資の世界で、ほぼ最高の知名度を誇るアノマリー

「セルインメイ」

を検証しました。

セルインメイには続きがあり、このような文章となります。

セルインメイの全文

Sell in May, and go away. Don’t come back until St Leger day.

(5月に株を売って市場から去れ、そしてセントレジャーデーまで帰ってくるな)

セントレジャーデーとは、9月第2土曜日です。

つまり、このセルインメイとは、

5月以降は株が下がりやすいから売れ、9月以降は上がりやすいから戻ってこい

という意味合いなんです。

では、これが本当に正しいのか過去10年間のデータから検証してみました。

すると、結果はこの表の通り

投資先的中率
S&P50054.5%
ナスダック10059.1%
日経平均41%
香港ハンセン指数50%
41%
ビットコイン33.3%

米国の2指数は50%を超えましたが、60%には届かない程度の確率。

それ以外は50%以下の的中率しかありませんでした。

ただし、2016年以前のデータを見ると特に米国の指数はかなり高い的中率でした。

機関投資家によるアルゴリズム売買の普及・発展や、

アノマリー自体の知名度が上昇したことにより、

このアノマリーは過去のものになりつつあるのかもしれません。

まあ、売買に迷った時の参考にする程度でいいんじゃないでしょうか

以上、本当に当たる?アノマリー界の王者「セルインメイ」を本気で検証!という話題でした。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
今回の記事の内容
閉じる