レバレッジETFに上場廃止、倍率変更リスク?SPXL,TECLは?

こんばんは、せーじんです。

前に、レバレッジETFのリスクのお話をしたよね

うん。こんなリスクがあったよね。

元の指数が連続して下がると、レバレッジの倍率以上に下がる

上げ下げを繰り返すレンジ相場では、減価していく

レバレッジの下落リスクと減価についてはこちらに詳しく書いてあります。

実は、もっと大きなリスクがあるんだよ。

え、なにこわい

いま米国では、レバレッジETFが次々と倍率を下げたり、廃止されたりしてるんだ。

今回の記事の内容

アメリカでは、レバレッジETF規制の動きがあります

2020年1月30日付ウォールストリートジャーナルの記事です。

the wall street journal webページより出典

この記事で書かれている内容は、

米国証券取引委員会(SEC)にレバレッジ及びインバースETF規制の提案が寄せられた。

SECでは、この提案に対するコメントを2020年3月24日まで募集している。

レバレッジETFを多く運用するプロシェアーズ社のMichael Sapir会長は、提案された規則により、より多くのアドバイザーがレバレッジされたETFの販売を完全に停止する可能性があると述べた。

これは穏やかではありませんね。

では、その提案の内容を見てみましょう。

SECのwebページ上にあるアーカイブのこの提案ですね。

あわせて読みたい
SEC.gov | SEC Proposed Rules Archive: 2019

提案内容は456ページにも及ぶ英語の文章です。

これを、超ザックリ要約すると、こうです。

レバレッジの倍率が高い商品は、市場に悪い影響を与えるため規制すべきである。

この提案は2015年に提案したものの再提案である。

みじか!?てゆーか、この提案は前にもあったんだね。

その時は、棚上げになったみたいだね

SECは規制の決定はしていないが、上場廃止、倍率変更が相次いでいる

もう規制は決定なの?

いや、まだ決まってないんだよ。

しかし、米国市場ではレバレッジETFの上場廃止や倍率変更が相次いでいるのです。

レバレッジETFを多く運営するDirexion社のウェブページを確認しましょう。

Direxion社へのリンクです。

あわせて読みたい
Education & Insights | Direxion

2020年10月9日 ETF3銘柄のレバレッジ倍率を3倍から2倍へ変更

ETF3銘柄のレバレッジ倍率を3倍から2倍へ変更しています。

倍率の変更なんてあるんだね。でも、別にいいんじゃないの?

いやいや、これは残念な変更なんだよ。

3月のコロナショックでは3倍の速さで下落しました。

にもかかわらず回復期に2倍に変更してしまったのです。

3倍の速さで落ちて、2倍の速さで戻る。

これは、非常に残念な変更ですね。

ティッカー旧名称新名称
INDLDaily MSCI India Bull 3X SharesDaily MSCI India Bull 2X Shares
LBJDaily Latin America Bull 3X SharesDaily Latin America Bull 2X Shares
UBOTDaily Robotics, Artificial Intelligence & Automation Index Bull 3X SharesDaily Robotics, Artificial Intelligence & Automation Index Bull 2X Shares
出典:Direxion社ウェブページ

2020年9月18日 ETF9銘柄を上場廃止

ETF9銘柄の上場廃止を決定しました。

廃止すると、どうなるの?

廃止日時点の株価で払戻しになるよ。
丸ごと資産がなくなるわけではないけど、廃止決定時点で投資家はETFを売却し始めるから、株価は下落する。かなり損をするかもしれないね。

名称ティッカー
Direxion Daily Communication Services Index Bull 3X SharesTAWK
Direxion Daily Communication Services Index Bear 3X SharesMUTE
Direxion Daily Consumer Discretionary Bear 3X SharesPASS
Direxion Daily Consumer Staples Bull 3X SharesNEED
Direxion Daily Consumer Staples Bear 3X Shares LACK
Direxion Daily MSCI Japan Bull 3X Shares JPNL
Direxion Daily Developed Markets Bull 3X Shares DZK
Direxion Zacks MLP High Income Index Shares ZMLP
Direxion All Cap Insider Sentiment SharesKNOW
出典:Direxion社ウェブページ

ZMLPは、ちょっと前まで保有してました。まさかなくなっているとは

2020年3月24日 10銘柄の倍率変更と8銘柄の上場廃止

合わせて18銘柄も!

ETF10銘柄のレバレッジ倍率を3倍から2倍へ変更

旧名称新名称ティッカー
Direxion Daily MSCI Brazil Bull 3X SharesDirexion Daily MSCI Brazil Bull 2X SharesBRZU
Direxion Daily Russia Bull 3X SharesDirexion Daily Russia Bull 2X SharesRUSL
Direxion Daily Gold Miners Index Bull 3X SharesDirexion Daily Gold Miners Index Bull 2X SharesNUGT
Direxion Daily Gold Miners Index Bear 3X SharesDirexion Daily Gold Miners Index Bear 2X SharesDUST
Direxion Daily Junior Gold Miners Index Bull 3X SharesDirexion Daily Junior Gold Miners Index Bull 2X SharesJNUG
Direxion Daily Junior Gold Miners Index Bear 3X SharesDirexion Daily Junior Gold Miners Index Bear 2X SharesJDST
Direxion Daily Energy Bull 3X SharesDirexion Daily Energy Bull 2X SharesERX
Direxion Daily Energy Bear 3X SharesDirexion Daily Energy Bear 2X SharesERY
Direxion Daily S&P Oil & Gas Exp. & Prod. Bull 3X SharesDirexion Daily S&P Oil & Gas Exp. & Prod. Bull 2X SharesGUSH
Direxion Daily S&P Oil & Gas Exp. & Prod. Bear 3X SharesDirexion Daily S&P Oil & Gas Exp. & Prod. Bear 2X SharesDRIP
出典:Direxion社ウェブページ

ETF8銘柄を上場廃止

名称ティッカー
Direxion Daily Russia Bear 3X SharesRUSS
Direxion Daily Natural Gas Related Bull 3X SharesGASL
Direxion Daily Natural Gas Related Bear 3X SharesGASX
Direxion Daily MSCI Developed Markets Bear 3X ShareDPK
Direxion Daily Mid Cap Bear 3X SharesMIDZ
Direxion Daily Regional Banks Bear 3X SharesWDRW
Direxion Daily MSCI European Financials Bull 2X SharesEUFL
Direxion Daily Total Bond Market Bear 1X SharesSAGG
出典:Direxion社ウェブページ

レバレッジ倍率の変更や上場廃止をした理由

変更や廃止の理由について、Direxion社は具体的な説明はしていません。

しかし、ウェブページ上にこのような注意書きをしてあります。

COVID-19に起因する市場の混乱。COVID-19の発生は、世界経済、個々の国、個々の企業、そして市場全般に悪影響を及ぼしました。COVID-19の将来の影響は現在不明であり、ファンドに適用される他のリスクを悪化させる可能性があります。

出典:Direxion社ウェブページ

コロナショックによる株その他金融市場の暴落で、想定外のダメージを受けたことが推察されます。

また、これらのETFはいずれも時価総額が低い、人気のないETFです。

ただでさえ少なかった資金が、コロナショックにより狼狽した投資家たちの売りによってさらに資金が抜け、ETFの維持が困難になったことも理由の一つと考えられます。

SPXLやTECL、SOXLは問題なく継続するでしょう

SECが規制の決定をすれば別ですが、そうでなければ人気のレバレッジETF銘柄は継続するでしょう。

廃止や倍率変更が決定した銘柄とは、資産額が全く異なるからです。

どれくらい違うのかな?

総資産額(2020.11.11時点)はそれぞれ、

SPXL 15億8700万ドル

TECL 19億2300万ドル

SOXL 16億4200万ドル

となっています。

これに引き換え、廃止された銘柄は廃止時点での総資産額が

RUSS 1267万ドル

TAWK 632万ドル

倍率が変更となった銘柄は、2020.11.11時点で

INDL 9779万ドル

BRZU 2億0664万ドル

と、かなり小さい規模のETFであったことがわかります。

たしかに、ぜんぜんちがうね

さらに、

  • コロナショックによる下落が、がかなり短期間で終結しすぐに回復に向かった
  • コロナショックを契機にして、レバレッジETFへの資金流入が過去最大となっている

この2点から、SPXLをはじめとした大規模なレバレッジETFが、すぐに廃止ということは考えづらいですね。

レバレッジETFへの資金流入については、三菱UFJ国際投信株式会社による2020年4月24日のレポートにまとめられています。

こちらについては、後日改めてレバレッジのリスクと合わせて詳しい記事を書きたいと思います。

記事を書きました。こちらの記事です。

あわせて読みたい

まとめ

2019年11月に、米国証券取引委員会に対して、レバレッジETFの規制を強化すべきとの提案がなされた。

2020年3月24日までの期間で意見徴収されたが、結論はまだ発表されていない。

しかし、米国では現在次々とレバレッジETFが、レバレッジ倍率の引き下げや廃止されている。

原因はコロナショックによる株式市場の不安定化と思われるが、運営者からの発表はない。

倍率引き下げや廃止となった銘柄はいずれも総資産額の小さい銘柄。

SPXLやTECL,SOXL等の規模の大きなETFは、当面は倍率引き下げ等はないと思われる。

以上、レバレッジETFに上場廃止、倍率変更リスク?SPXL,TECLは?という話題でした。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
今回の記事の内容
閉じる