指数は上がるよ、どこまでも。S&P500とナスダック100の銘柄入替え

こんにちは、せーじんです。

今日(2020.12.21)は、特別な日なんだよ

ほー。何がある日なの?

S&P500とナスダック100の構成銘柄の入れ替えがあるんだよ。

こないだもダウが入れ替えたよね。結構あるもんなんだね

新陳代謝が活発だから、安心してインデックス投資できるね

本日(2020.12.21)は、

S&P500へテスラが採用される日でもあり、

ナスダック100に6銘柄が採用される日でもあります。

どのような銘柄が入り、どのような銘柄が抜けたのか。

確かめていきましょう。

今回の記事の内容

S&P500採用銘柄は、テスラですね

米国の電気自動車メーカー、テスラがS&P500に採用されるニュースは市場を大いに沸かせました。

テスラ株は、S&P500への採用が発表された後の2週間で45%も値上がりしました。

9月のときもS&P500採用を期待されていましたが、このときは落選し、テスラ株は35%も下落しています。

上げ下げが凄いね

S&P500への採用っていうのは、それだけ注目を集めるすごいことなんだよ

テスラの5年チャートはこうです。

この成長力がS&P500に入ってくるのですから、S&P500はこれからも大きく値上がりしてくれるでしょう。

とても期待しています

S&P500から外れたAIVは株価が悲惨なことに

テスラと入れ替わりにS&P500から外れることになった、アパートメントインベスト(AIV)の5年チャートは、

コロナ前までは、5年間で50%程の株価成長を見せていましたが、

コロナショックで50%の下落

さらにS&P500からの除外発表で90%近く下落しています。

これ持ってた株主は悲惨ですね・・・

それはともかく、下のチャートのAIVの代わりに上のチャートのTSLAが入ってくるのですから、

S&P500指数はこれから大きな伸びが期待できます。

ナスダック100は6銘柄の入れ替えがあります

ナスダック100の採用銘柄は、ハイテクの旬な銘柄たち!

  • アメリカンエレクトリックパワー(AEP)
  • マーベルテクノロジーグループ(MRVL)
  • マッチグループ(MTCH)
  • オクタ(OKTA)
  • ぺロトンインタラクティブ(PTON)
  • アトラシアン(TEAM)

再生可能エネルギーへの投資を明言している電力会社AEP、半導体の企画や設計を手掛けるMRVL

婚活サイトを運営するMTCH、IDパスワードのクラウド管理等セキュリティのOKTA

自宅で楽しむオンラインスポーツジムのPTON、システム開発者向けツールを提供するTEAM

いずれも、今後の大きな課題である、クリーンエネルギーや、コロナ感染症の拡大に強いオンライン事業等を手掛ける会社です。

また、新規採用の銘柄は、最強といわれる指数ナスダック100をはるかに上回るリターンを出している、旬な銘柄ばかりです。

AEPはそれほどではありませんけどね

2つほど、チャートを見ていきましょう。

MATHのリターンは、5年で+785%!

赤いチャートはNASDAQ100指数です。

MRVLのリターンは、5年で+458%!

外れたのは成長が鈍化した銘柄たち

新規採用が6銘柄あったということは、除外された銘柄もあったということですね。

今回外れたのは、この6銘柄です。

ああ、無情

  • バイオマリンファーマ(BMRN)
  • シトリックスシステムズ(CTXS)
  • エクスペディアグループ(EXPE)
  • リバティグローバル(LBTYA)
  • テイクツー・インタラクティブ・ソフトウェア(TTWO)
  • アルタ・ビューティ(ULTA)

旅行会社や化粧品販売の会社など、コロナ禍の影響を受けて業績が悪化した銘柄が多いようです。

株価のチャートを見ても、TTWO以外の5銘柄はナスダック100をはるかに下回っています

5年でマイナスリターンという銘柄もあり、そういった銘柄の入れ替えは、

投資家にとって大きなメリットになります。

具体的に見ていきましょう。

まずはBMRNです。

BMRNのチャートは、赤のナスダック100を大きく下回っています。

次にEXPEを見てみましょう。

EXPEも、やはり低リターンですね。

5年リターンがマイナスになっています。

TTWOは素晴らしい成長を見せています

外れる6銘柄のうち、TTWOは素晴らしい成長を見せています。

TTWOだけは残してほしかったのですが…

この注目すべき日の値動きを見てみましょう。

S&P500

米国時間で2020.12.21の、S&P500の5分足チャートです。

テスラは、S&P500採用銘柄の中でも時価総額がGAFAMに次ぐ第6位の規模を誇っています。

文字通りの大型新人ですね。

ですから、ETFや投資信託を運営する機関投資家たちは、TSLAを買い、他を売ってバランスを整える必要があります。

12月21日の寄り付きで、大きく窓を開けて下げています。

寄り付きから1時間ほどは売られていますが、その後は一貫して買われています。

ただし、引けに向けて垂れてきましたね。

ナスダック100

米国時間で2020.12.21の、ナスダック100の5分足チャートです。

ナスダック100も、S&P500と似たような展開ですね。

違いは、寄付きでの買いがやや大きい程度です。

入替えは指数の上昇のため

今回の採用銘柄と排除名柄の比較で見た通り、

S&P500もナスダックも、成長が鈍化した銘柄を排除し、代わりに伸び盛りの銘柄を入れています。

構成銘柄を効果的に入れ替え、新陳代謝することで、S&P500やナスダック100は成長し続けるのです。

プロの投資家でさえ、勝ち続けることが難しいと言われるほど優秀な指数は、こうしてできているんですね。

これからも、投資の中心は指数に置いていきたいと思います

以上、指数は上がるよ、どこまでも。S&P500とナスダック100の銘柄入替えという話題でした。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
今回の記事の内容
閉じる