ビットコインのおススメ取引所を徹底検証!選び方で利益が減るかも

こんにちは、せーじんです。

昨日の記事では、ビットコインがいま急激に上昇していることと、

2017年に起きたビットコインバブルとその崩壊、

2021年現在は、機関投資家の参入や法律改正により投資環境が整いつつあること

を紹介しました。

今日の記事では、ビットコインへの投資方法、販売所と取引所の違い、おとくな販売所・取引所はどこかを調査していきます。

これからビットコインに投資したいんだけど、どうやって買うのかわからない

という方や、

販売所が多すぎて、どこで買ったらいいのか決められない。

スプレッド?なにそれ?

のような方にも、わかりやすく書いていきますので、よろしくお願いいたします。

今回の記事の内容

ビットコインに投資する1stステップ、販売所や取引所に口座を開きましょう

口座開設の手順を紹介します。

ここでは、シンプルで分かりやすい画面と取扱い商品の豊富さに定評のある

コインチェックを例にしてみましょう。

トップページから新規登録ページへ行く

メールアドレスとパスワードを入力

入力したメールアドレスに届いたメールに、認証コードと登録用URLが記載されている

認証コードをメモして、登録用URLをクリックする

リンク先のページで、認証コードを入力

電話番号の登録をする

SMSが届くので、SMSに記載されている認証コードを入力する

重要事項を確認する

住所氏名などの必要事項を入力する

本人確認書類をアップロードする

二段階認証の手続きをする

  • Google Authenticatorのアプリをダウンロード
  • Coincheckの画面に戻り、QRコードをスマートフォンでスキャンして読み取り
  • 画面上に表示される「6桁の数字」を入力し、「設定する」をクリック

手続き後、自宅にハガキが届くと手続き完了

文章にすると面倒くさそうですが、やってみると簡単ですよ。

どの取引所や販売所でも、画面の指示に従って入力すればいいので、迷うことはないです。

取引所と販売所の違いは?

さっきから取引所とか販売所とか言ってますが、この違いを説明しましょう。

取引所…個人間の売買を仲介する場所

販売所…販売所が保有している暗号資産を買う場所

取引所はオークション、販売所はお店というイメージでOKです。

取引所のメリット

コストが低い

販売所のメリット

手軽に買える

デメリットを上げるのなら、メリットの逆ですね。

取引所は買うのに少し手間がかかる、

販売所はコストが高い

売買取引にかかる手間は、ほんの少しだけ販売所が有利

取引所は売買に少し手間がかかるとお話ししましたが、どの程度の手間なのか気になりますよね。

購入時と売却時に、金額を自分で設定するだけです。

かかる手間は、ほんの少しです。

株式売買で指値注文をしている方は、すんなりできるでしょう。

コストでは、取引所がかなり有利

仮想通貨の売買には、様々な手数料がかかります。

取引所でも販売所でも、銀行口座から取引所口座にお金を出し入れするのに、入金手数料と出金手数料がかかります。

取引所では、取売買引をするたびに取引手数料がかかります。

手数料は取引所や取引方法によって異なりますが、0.1%程度です。

販売所では、スプレッドによる負担も大きいです。

スプレッドも取引所や取引方法によって異なりますが、2020.1.5のある時点でみると、2%程度でした。

取引にかかる経費の目安は、取引所が0.1%程度、販売所が2%程度ですから、大きな差がありますね。

20倍もの開きがあります。

スプレッドとは

販売所のウェブページを見ると、暗号資産を買う時と売る時の価格が違うことがわかります。

買う時は高くて、売るときは安くなっていますね。

この価格の差をスプレッドといい、取引所の利益になります。

ですから、「手数料無料」というだけで、

オトクだから、ここにしよう!

と決めてはいけませんよ。

暗号資産売買にかかる経費は、「手数料」と「スプレッド」

覚えておきましょう。

結論、投資するなら取引所で

販売所には、取引が手軽にできるというメリットはありますが、取引所でもさほど手間がかかるということはありません

株式投資しているのであれば、全く問題なくできます。

わずかな手間の違いにもかかわらず、販売所は取引所の20倍ものコストを要します

どちらで投資すべきかは、明白ですね。

なので、今回はコストの低い取引所に絞って比較していきます。

取引所にもいろいろあるけど

4つの取引所を比較しよう

それでは、どの取引所で口座を開設するのがいいのでしょうか。

ここでは、手数料が安いと評判の、

bitbank(ビットバンク)

coincheck(コインチェック)

GMOコイン

Zaif

の4つを、一覧表で比較しましょう。

取引所名取引手数料
(メイカー)
取引手数料
(テイカー)
入金手数料
(銀行振込)
出金手数料
bitbank-0.02%0.12%0円3万円未満 550円
3万円以上 770円
coincheck0.00%0.00%0円407円
GMOコイン-0.01%0.05%0円0円
Zaif0.00%0.10%0円3万円未満 385円
3万円以上 775円
各社ウェブページを参照して筆者作成

注意 いずれの取引所でも、入金時に銀行に支払う手数料は利用者の負担となります

取引手数料がマイナスとなっているのは、取引するたびにお金を貰えるということを示しています。

なので、bitbankとGMOコインのメイカー取引であれば、手数料無料どころか報酬が出るということです。

テイカー取引手数料では、coincheckが唯一の0%ですね。

入金手数料は横並びですが、出金手数料はGMOコインが唯一無料となっています。

メイカー、テイカーとは

一言でいうと、

メイカーとは、注文時に板情報に新規注文として記載されるもの
テイカーとは、板情報に存在する注文情報を使用して注文するもの

ということになります。

なんのこっちゃ

という声が聞こえてきそうです。

まずは、板情報を見てみましょう。

出典:coincheck

この板情報には、売りたい人の売りたい金額と、買いたい人の買いたい金額が記載されています。

ここに記載のない金額で売買を申し込むのが、メイカーです。

テイカーとは、例えばこれからビットコインを買うとしましょう。なるべく安い金額で買いたいので、板情報に並んでいる最安の金額で購入を申し込む、これをテイカーといいます。

おススメは、coincheck!

いろいろとお話をしてきましたが、せーじんのおすすめを発表します。

せーじん的には、「coincheck」が一番のおすすめです!

bitbankとGMOコインのメイカー取引であれば、手数料無料どころか報酬が出るというお話をしましたが、報酬が出るといっても0.02%ですから、100万円の取引をしても200円です。

やっぱり楽なテイカー取引が多くなってしまうことを考えれば、注目すべきはテイカー取引手数料ですね。

出金についても、人によりますが投資用資金を出金するということは、あまり多くはないでしょう

つまり、テイカー取引手数料が無料で、メイカー取引も無料であるcoincheckが最もお得であるという結論です。

GMOコインもアリ

ただし、投資方法によってはGMOコインが最もおススメになります。

GMOコインが最もおススメな投資方法とは、

  • 頻繁にメイカー取引をする
  • ちょこちょこ出金する

こんなふうに投資をする方には、GMOコインが最も適しているでしょう。

以上、ビットコインのおススメ取引所を徹底検証!選び方で利益が減るかもという話題でした。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
今回の記事の内容
閉じる